ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り留めのない気持


楽助が年少さんクラスに上がってから、仲良くなったママ友達が沢山います。

ママ達に助けられ、励まされ、笑いあい、子供が泥んこになって遊ぶまぶしい姿を必死になって記憶に納め、ただただ、毎日が平穏無事に過ぎてゆくことに感謝して・・・。



卒園まできっちり1年となった3月末。



そんな仲の良いママ友達のうちの一人のママの様子が最近おかしいなーと感じるようになりました。

保育園は基本的に、親が園への送迎をするので、時間さえ合えば(仕事の関係で登園時間が子供によってまちまちだから)そのママとはよくお会いしていました。それが、その時間に登園しても、ママではなくパパが送迎をしている姿を、前はまれに、だったのですがほぼ毎日見かけるようになったのです。



妙な胸騒ぎと、脳裏に走る嫌な予感。



こんな時の予感に限って、最近よく当たるようになってきた楽。



嫌だなー、何かすんごい嫌な感じがここ2~3週間、ずっと頭の中をぐるぐる。否定したくても否定できない。





昨日になり、卒園する園児のママ友達から、そのママのお話になり、自分の嫌な予感が悲しいかな、的中していることが判明してしまいました。





仲良しママは近いうちに目が見えなくなってしまいます。





難病指定されている難病でもある。
でも受け入れがたい事実でもある。
他のママ達には今は内緒で通したい様子。
でも、それには限界がある。







楽に出来る事は一体なんだろう。

何が出来て、何が彼女の迷惑になる?

彼女は何を望んでいるんだろう。




子供はお互い一人、同い年です。
まだ5歳。あと1年で小学生です。
一番可愛い盛りです。でも、でも、
見えなくなってしまう。


彼女の目には、もう子供が桜並木の下を歩く姿を見る事は出来ないのでしょうか。元気に走る姿は見られないのでしょうか。

どうして彼女から視力を奪うのでしょう。
どうして、どうして・・・。




これほど、病気と言うものをうらんだ事はありません。




1日でも長く、彼女の目に光り輝く子供の姿が映り続けますように。
今はそう、祈り願うしか楽には出来ません。

自分の非力さにむなしさを感じたり、今まで一体彼女の何を見てきたんだろうと思ったり。


答えが出るわけでもなく、悩みスパイラルに突入。

きっと、出来る事は必ずある。それが見つかりますように。




スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

子供の成長を見ることができない。。。辛いですね。
私が楽さんの立場でも、どうすればいいのかわかりません。
でも、何となくですが今はそっとしておいてあげるのが
一番なような気がします。
お母さんの目が見えなくなってしまうのは、子供さんにとっても辛いこと。過剰に反応せずに、楽助くんと一緒に今まで通り接してあげることが大事なのではないでしょうか。
ちゃーちゃん | URL | 2007/03/31/Sat 14:55[EDIT]
涙が止まりません
自分のことだったらと思う気持ちと、そのママの気持ちを想像すると押しつぶされそうな気持ちで一杯になります。

色々な苦境に立たされている人が世の中にいるというのは頭ではわかっているけれど、こんな風に目の当たりにされている話を聞くとものすごいショックです。

私も先日仲のよい同僚の奥様が網膜はく離トリウマチを併発されていると聞いたのですが、「何かできることあったら教えてね」ということしかできず・・・

楽さんのママ友さんは私とは直接関わりのない方ですが、治療費のカンパであるとか新薬申請のための署名運動などあれば是非協力したいと思いますので、ブログでお知らせください。
ゆっきー | URL | 2007/04/01/Sun 06:01[EDIT]
運命というのは常に受け入れがたい残酷なものだったりしますね。
でも、人生というのはまた皮肉なもので、今日宝くじに当たった人が、明日は交通事故に会うかもしれない。
先のことはわからないものです。
ですが、逆のこともあるんではないかと思うのです。
もし、わが身がこの方と同じ病だとしたら、僕はきっと耐えられません。でも、生きることには逆説的な部分があるように思えるのです。

人間は視覚に頼らねば生きていけないのですが、視力を失うことは必ずしも暗黒の世界ではないのかもしれないと思うのです。
人間が光を通して見える色は無限に思えますが、実は光と影という見えない形に縛られています。
つまり、人間は光と影という制約の中で生きているのです。
それが幸せかどうかは、その人自身が判断することだと思うのです。
それは難しいことだし、勇気のいることですが、生きることの幸せを感じるのは健常者の特権ではありませんから。

なんかとりとめのない長文ですいません。

じゅうく | URL | 2007/04/01/Sun 18:01[EDIT]
【ちゃーちゃんさん】

変わらない、それが第一ですね。



| URL | 2007/04/01/Sun 19:36[EDIT]
【ゆっきーさん】

自分の力など非力だと本当に思うのですが、ゆっきーさんのお言葉を聞いて、必ず出来る事はある!と思いました。彼女がほしいものは同情ではありませんからね。私も頭では分かっているのですが、なかなか気持がついてこないのが現状です。またこちらにお越しの方々の協力が必要になる日が来たら、必ずお知らせするのでよろしくお願いします。

| URL | 2007/04/01/Sun 19:40[EDIT]
【じゅうくさん】

世の中には目が見えない方は沢山いらっしゃって、その方々が=不幸だ、とは私は思っていません。確かに不便な事は私達が感じている以上にあるかも知れませんが、命はある。死にかけた経験をした楽には、今生きている、と言う事を感じながら生きてゆくことはとても大切だと思っています。だから彼女にもそう感じてもらいたい、のではなく、たった一人で全てを解決するのではなく、周りの人を巻き込みながら自分の人生を色付けしてもらいたいな・・・と思ったり。
少しずつ状況を把握して、良い方向に進めば本当に嬉しいです。
| URL | 2007/04/01/Sun 19:47[EDIT]
Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。