ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキーデビュー・楽助

三連休。
家族揃って、皆がお休みなのは本当に久々。
でもって、私も旦那も5年ぶりになる雪山へ一家揃って出かけました。

楽が毎週のように仕事で通っている滋賀の実家からものの15分位(そんなにもかからないかも?!)にびわこバレイがあります。金曜日夜から実家入りして、朝いそいそと支度をしてびわこバレイに行く予定だったのですが・・・。

当日朝に、すんごい強風。
そう、比叡おろしが吹いたんですよ。
楽の実家もそりゃぁ~、がたがた揺れる位の強風。
明け方5時前後から吹き始め、8時くらいになってもまだ吹いていました。ホームページを見ても朝6時更新された情報ではゴンドラは運休中の表示。直接行って見ねば分からない!とひとまず出かけましたが、案の定ゴンドラは動いておらず、復旧は昼過ぎになると言われて駐車場下で足止めをくらっているスキーヤーの車が大量に。

でも、そこで諦めないのが楽家。
「しゃーない。それなら1時間ほど北に上ればもう一つスキー場があるからそっちに変更だ」

と言う事で、急遽函館山スキー場と言うところへ。
事前に電話で聞くと、積雪50センチ(実際は10センチくらいでしたが)でキッズスクール(小学生以下のスキースクール)もあるという。

スキー場の積雪状態は最悪でしたが、子供が遊ぶ程度には丁度良い広さのスキー場。大雪だった昨シーズンから見ればありえない量の積雪なんでしょうねー。
お昼を食べるまでに、楽助に私がスキーをレクチャーしたのですが、なにぶん、スキーは10年ぶりになる私。「立てるか?!」「滑れるのか?!」と言う不安を抱えた状態ではなかなか良い指導なんて出来ずに、スキースクールへ楽助を託すことにしました。
このスキー場のスクールの良い点は、「親の同伴はいりません」と言うもの。他のスキー場もそうなのかもしれませんが、翌日行ったびわこバレイのレッスンは、一人でリフトに乗れない場合は親が付き添ってくださいと言われました。
レッスンに入っている限り、親は休めるのです!

1時間半のレッスンの成果はご覧の通り!

直滑降




1時間半で、滑れない・動けないの初心者がここまでなるのです!



結局5時までスキー場にいて、実家へ帰宅。
楽助と旦那はそのまま温泉へ。夜は親がかに鍋を用意してくれていて、こんな贅沢いいんだ!?と言う初日でした。

2日目。
明け方に一瞬強風があったものの、そとは冷たい雨。
今日はびわこバレイに行く予定で家を出たら、今日はゴンドラは動いている。しかも!
雪が降っているではないか!上に上がれば上がるほど、雪。
そして、函館山ではありえない量の人・ひと・ヒト!
ゴンドラのチケットを買うのに、10分並ぶ。
ゴンドラに乗るために、10分並ぶ。
板を借りるのに、10分並ぶ。
トイレに10分並ぶ。

もう、ヒトの量に疲れました・・・。
が、楽助は再びキッズスクールへ。今日は親が要同伴。
1時間半のスクールは函館山と同じだったのですが、リフトを積極的に使い、上手に滑れるようになりました。


スクール終了後。
2本ほど山頂から下まで滑ったのですが、旦那はボード、楽と楽助はスキー。2日続けてスクールに入った楽助。
自信も技も相当ついたんですけどね。









直滑降!















はや!











親、二人、全くついていけず・・・。
旦那は、5年ぶりのボードに全身雪だるまになるまで、転びまくりました。見た目、スノーマン。転んだ後ゲレンデには大きな穴があいておりました(超巨漢ですから)。

2時過ぎに下山し、知り合いのお店でおいしいお昼を頂き、3時に実家へ帰宅。夜ご飯を頂いてから、昨夜遅くに自宅に戻りました。

















で、今日。


楽と旦那。


















全身筋肉痛




















はい、動く度に体の節々が痛むんですよ。
旦那なんて、朝「布団から起き上がれないくらい、体が痛い」と言う。
楽は足に来ております。微妙に背筋も痛い?
スキーは10年ぶりだったし、ばりばりボーゲン状態だったので膝が笑う状態で滑ってましたし・・・。


楽しくスキーデビューが飾れた楽助。
次の日曜日は、楽の学生時代からの友人が4歳の女の子を連れて「一緒に連れて行って!」と言うお誘いで、函館山スキー場の方へ一緒に行く事になっております。2月中に1回、3月には出来れば2回、計3回ほどまたびわこバレイへ連れて行く予定にしています。ここまでうまくなったんですもの。続けてやればまた来年、楽しく滑れることでしょう。
当分、親の筋肉痛は続く気配ですが、一緒に行くのも後10~15年程度でしょう。これも親の役目だ!と旦那と二人、痛む足と背中をなでなでしながら、小さな幸せを感じております。

さて、週末は雪があるんでしょうか・・・?!














スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

お~ナカナカ
滑ってる格好がサマになってるじゃ
あ~りませんかっ!(古っv-218
うちのドラゴン君も スクールにずっと放り込まれて
いたくちで・・話に聞いていると オバチャンは
とうに追い抜かされていそうです(笑)
親は大変やろうけど
ちっさいときに色々経験させてやると
自信に繋がって イイみたいですねぇ~。
寝まち月 | URL | 2007/02/14/Wed 09:49[EDIT]
【月さん】

親が出来ないからと、子供にやらせないのも何だかなーと言う気持があったので・・・。親が出来なくても出来る事は沢山あるし、今は出来る体勢が整えられていますね。今後楽助と10年位しか一緒にスキーに行ったりも出来ないだろうし、旦那も私もスクールに入る決意をしました。大きくなってから「あんなこともあったねー」なんて言ってくれたらそれでOKだと思っています。
| URL | 2007/02/14/Wed 10:10[EDIT]
すばらしい!
スキーって大人になってからではなかなか上達しない(私がそうだった)から、小さいときにやっておくかって結構その後のスキー人生に大きく影響しますよね!近場にスキー場があってうらやましいです。
うちも来シーズンチャレンジしようとは思っているのですが、自分がスキーできないので、一度チャレンジして終わってしまいそう・・・
ゆっきー | URL | 2007/02/16/Fri 07:07[EDIT]
【ゆっきーさん】

我が家は来週、泊まりで実家入りし朝から晩まですべる予定です。足ガクガクになるでしょうね・・・。
でも、楽しむ姿を見ていると嬉しくなりますよ。夢中になれるものがある、と言うのはいいことだなーと思いました。

| URL | 2007/02/17/Sat 22:17[EDIT]
Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。