ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口ごたえ

小学校へ入学した息子・楽助は、今月末で7歳になる。
ようやく「年相応のことば」が出てくるようになってはいるものの、なかなか状況説明や、自分の気持ちを同じ年の女の子に比べるとかなり劣る。
いらない口数は多いのに、肝心なときに必要な言葉が出てこない、そんな感じ。
まだまだ語彙も少ないし、中学に上がる頃に平均的な喋りが出来ればいいとしようか(大阪人としての平均的な喋り、ね)。


そんな楽助。
「○○お願いできる?」と言うと「何で僕が?」と言う様になってきた。
お願いごとは、非常に簡単なもの。
例えば、「お風呂洗ってもらえるかなぁ~」とか「テレビ消してぇ~」とか。
一つやってもらえると、私も助かる、と言うお願いの仕方なのですが、
時々その「何で僕が?」と言う絶妙ないやみのある言い方をされると、イラっと来るときがある。


まさに先ほど「父ちゃん寝てるし、テレビ消して」とリモコンに近い楽助にお願いしたら、返ってきた言葉がこれ。


「それは人としてどうだろうねぇ、楽助よ」←正直こんな冷静な受け答えではなかったが・・・


「それやったら、何でかっかがご飯作らなあかんのん?」
「何でかっかが、楽助の洋服洗濯せなあかんのん?」
「何でかっかが、楽助の宿題チェックせなあかんのん?」

↑まぁ、親やから、なんですけどね。

とまくし立ててやりました。
「そんなん言うんやったら、楽助からのお願い、二度と聞かないから」と留め。




多分これからも
「えぇ~、今○やってんのにせなあかんのん?」とか言う様になるんやろうなぁ・・・!
いつまでにやってね、と言う事の期日は一切覚えていないしなぁ・・・。

ひとまず、「お願いされたら、元気良くはい!と言う!」と言うところから始めます。


基礎の基礎やんけ・・・


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

同じです
娘も口答えが多くなりました。
うちだけじゃないと知って少しほっとしています。
一日が終わってバタバタしている夕方に
些細なことにちゃちゃを入れられると
カーッと来てしまうんですよ・・・

これが普通の成長過程なんだ
と冷静になろうとしても
やり場の無い怒りをもてあまし
最後には「私は出て行くから,全部自分でやりなさい」
と捨て台詞を吐きますが
子供たちは本気にしないので
全く効果はありません(苦笑)

これからもっとひねりの効いた返答が
返るようになるのでしょうね。
こちらも腕を磨かなくちゃ!
ジョイママ | URL | 2008/07/06/Sun 20:13[EDIT]
でてゆくのです!
【ジョイママさん】

女の子はもっと大変だとお察し致します♂な何かとおぼこいですから…。我が家でも「出て行く」ありましたよ。でもちゃんと出ていかなきゃお母さんは本気だ…と思わせる事がポイントです。それがいいかどうかは分かりませんが、親も人間ですからね。たまにはそういう一面を見せてもいいと私は思います。お互い長い夏休みを乗りきりましょうね
| URL | 2008/07/08/Tue 12:59[EDIT]
Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。