ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦渋の選択

世の中、あれこれ値上がり傾向にあり。
ガソリンもそう、光熱費もそう。
小麦粉もあれもこれも・・・。

そういえば楽が小学校を卒業する時のアルバムには、最後のページに「当時の物価」なんてものが掲載されていて、アルバムを手に取ったときには「こんなの何のためにあるんだ?」と思った記憶があります。あれって、今になってみてみたら「え?!食パンってこんなに安かったの?!」ってな具合に思い出される仕組みな訳ですね。

そんな中、旦那が「これから先物価はもっともっと上昇する、と思って貯蓄しておいてね」と言う。そうか、私たちが老後を迎える頃(どんだけ先やねん!)にはあり得ない生活費が必要になってくるんだろうなーと漠然と思った。


で、そんな値上げ傾向は他人事ではなく、サロンを運営する上でも経費を相当圧迫するようになってきました。もはや、経営努力・削減努力ではどうなるものでもなく、楽家の家計を食いつぶす勢いで悪化してきてしまいました。この1年、技術料の値上げと言うことが常に頭にあったのですが、ご来店いただくお客様の事も思うと、あと少し踏ん張ろう後少し頑張ろうと一年頑張って過ごしてきました。しかし、1年分の経費集計が出た1月下旬。
会計士さんから「これを見てどう思うか」と言う課題を頂きました。

完全に楽家の家計を圧迫している様が表れていました。

これでは、楽家が破綻してしまう。


ここ数週間、相当悩んだのですが、5年目を迎える節目の年でもある今年、サロンをオープンしてから初の値上げを決断しました。

恐らく、ご来店されるお客様の数も減ってしまうと思います。
でも、このままではサロンを運営する楽家自体が破綻してしまいます。
サロンを運営するがために、家族家計が崩壊しては意味がありません。
このままでは旦那から「閉店せよ」との令が出されるのも時間の問題・・・。
サロンの運営費は、サロンで賄う、これ鉄則。

4周年記念のイベント案内と合わせてお客様への告知を行います。
書面には残しませんが、お客様お一人お一人に値上げする理由をお話し、ご理解を頂きたいと思います。


サロンをオープンした4年前には、値上げをする事など全く想定していませんでした。
長く運営していると、本当に色んなことが出てくる。
お店を出すだけでは、経営者にはさせてもらえませんね。
育児と同じだ。まだまだ経営者5年生。新米からようやく一歩前に踏み出した、そんな感じです。

さ、頑張るぞ。



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。