ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきました、東京! 弐の巻

携帯の目覚ましはいつも通り6時半に鳴りました。
別にゆっくり寝ても良かったのですが、帰りの新幹線で眠れることを思うと少々早起きしたくなりまして・・・。


ホテルのエレベーターが1基しかない、と言う事でチェックアウト時は込み合うだろうからと、8時過ぎにはホテルを出ました(早すぎ?)。
山手線で新橋まで出て、そこからゆりかもめに乗車。
展示場前駅で下車する方々は明らかに展示会へ出る様子が分かる。
駅を降りてから、会場まで1キロは歩く事を思い出し、せっせと入場手続きが出来る様に急ぎました。

9時半過ぎに無事到着。事前登録していたので、入場手続きもすんなり終了。これから始まる怒涛の展示品物色に向けて水分補給とお手洗いを済ませて、開場のアナウンスを待ちました。


「ただいまからぁ~」



楽、 ダッシュ!




アナウンスなんて最後まで聞いてません。
とにかく、1番に取引先商社のブースへ直行!
ブースに着くと、楽の担当営業さん、コロコロでスーツについた埃を取ってる最中。



「あ、楽さんどうしたの!」


どうしたのって、来たんだよ、展示会に!
だって招待状くれたの、あなただよ。
思いつつも、「あのぉ~、この荷物置かせてください!」と、持ってきた荷物を置かせてもらう事に。
そして速攻、他のブースの物色に走りました。
11時からは、知識として入れておきたい講義があったのでそれまで1時間みっちり市場動向と市場調査、サロン・楽で使えそうな機材や商材等の物色を開始。

こういう展示会に来て思うのは、美白!やらイオン導入!やらを謳っていても結局肌に体に悪いものを徹底的に排除して作っている商材が1本もない、と言う事。展示会で見つけようという気持もさらさらないのですが、毎年あれこれ出してくる商材屋も大変だな・・・と思ったり。


予定通り、物色をして、無料体験を受けて、必要な商材を購入して、取引先商社の事務のおばちゃんと一緒にランチに行きました。
かれこれ4年のお付き合い。普段は電話で仕事だけのお話なのですが、出身が大阪と言う事で、おばちゃんの私生活のお話も色々とお話。





ぶるるるるる   ぶるるるるる





おっと、背後に置いたかばんの中でマナーモードの電話がなりました。





○○保育園の表示


















嫌な予感・・・・
























「楽助君のおかあさんですかー?担任の○○でーす♪」




おう、聞き覚えのある担任のO先生の声ではありませんか。
ご無沙汰です。





「あのー、楽助君、




























38度超えの発熱でーす♪」






























「あのぉ~、私今東京なんですけど・・・。」













さて、困った!
どうやら園から、1番に旦那に電話を入れた様なのですが出ず。
その次に私へ連絡。
幸い、今回は楽助の送迎と夜の面倒を見るために旦那の実家からご両親にきてもらっている。
でも、私がお昼を食べている時間は、京都御所の見学に行っているはず・・・。一旦担任の先生との電話を切り、お義父さんへ電話してみました。



すると、明らかに後ろからテレビの声。















「あぁ、あのね、おかあさんがね、
































38度の熱があるんじゃよ





























ひえぇ~!





一番頼りのばーちゃんが発熱?!
しかも38度超え・・・。
夜ご飯、誰が作んの?!




状況を説明して、楽助を保育園へ迎えにいってもらうことに。お義母さんの発熱で京都御所行きはキャンセルしたらしい。なので自宅にいたそうな。それが楽助お迎えにすぐ対応できた理由なのですが、2人揃って発熱ですか・・・。





「おとうさん、お昼もお弁当でしたよね?出来るだけ早く帰りますので・・・」














楽しいランチは一転、一気に気持は自宅へ戻るモードに。

楽助だけならまだしも、夜ご飯担当のお義母さんがダウンでは、食卓がお弁当一色になってしまう。1日に2回も弁当はいかんやろうし、何より病人に弁当はいただけない。


取引商社に置かせてもらっている荷物を取りに行き、いざ東京駅へ!




そして東京駅で慌てて乗り込んだのぞみ岡山行き。
ふぅ~、結構自由席空いてんじゃん。
と入り口付近の座席をゲット。
新横浜を通り過ぎた辺りで、検札に女性車掌が回ってきました。


さっと切符を取り出したのですが、車掌さんが一言。






















「ここ、指定席です。お持ちの切符では自由席しかご利用になれませんが・・・いかがされますか?」









ししししし、しまったぁ~!
のぞみの5号車は指定席やった!























「お金払います・・・」



















もう、てんやわんやで、京都駅到着。
走る走る、乗り換えの際。







先に連絡をしていた旦那と、駅前のスーパーで落ち合い、ようやく自宅に到着しました。
その時点で夜7時。







と、台所を見たら・・・。





















ご飯炊けてへんやんけぇ~!

















でも、30分でご飯作りましたよ。
病人にはうどんを、元気な人にはそれなりのご飯を・・・。
























夜になって気づいたのですが、楽の土踏まずへこみがなくなってました・・・。靴下はふくらはぎに食い込んで元に戻らないくらいむくんでるし、重い荷物を持った肩はがしがし。















あー、疲れた。

やっぱり日本って広いんだなー・・・。















点滴で元気になった義母は、義父と二人で翌日山口へ帰っていきました。本当に今回は色々とありがとうございました。
疲れたけど、自宅でご両親と共に過ごせた楽助は大満足。




とここまで書いて、楽助の発熱についてまだ話が残っている事に気づきました。

さてはて、楽助の発熱騒動もまだまだ続きますよー!

と言う訳で東京行きの話は終了です。
火曜日の朝の時点で熱は7度台。
病院に行くにも微妙な状態の時、「ここ痛いねん」と左耳下を押さえる楽助。


















おたふく?!
















スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

読んでるだけでハラハラドキドキ・・しました。
きつかったねえ。
しかし、その中でも救いは「じいちゃん」
・・
なんとなく楽さんのお疲れが目に映ります。
| URL | 2007/05/11/Fri 10:50[EDIT]
あの後、そんなに大変なことが起きたんですね。
その後楽助君とお義母様の具合はいかがでしょうか?

看病疲れで楽さんが病に倒れてしまわれないように
ご自愛くださいv-254
ジョイママ | URL | 2007/05/11/Fri 16:42[EDIT]
【姫様】

私の東京行き波乱が無事に伝わり何よりです。もう、気持は「新幹線の中で走りたい気分」でした。日本広し!

今回、義父・義母に楽助の送迎をお願いしていて本当によかったです。もし私が迎えに行く段取りでいたら、迎えにいくまで4時間以上かかることになりますからねー。遠距離出張の際は要注意、ですね。
| URL | 2007/05/11/Fri 19:09[EDIT]
【ジョイママさん】

単調な毎日に退屈する時もあるのですが、この時ほど「平凡でいいから、普通の毎日が幸せだ・・・」って思いました!義母は翌日山口へ義父と帰ったのですが、問題は楽助・・・。もう、大変でしたよ!

| URL | 2007/05/11/Fri 19:12[EDIT]
Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。