ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間性の問題か・・・?

サロン運営4年目。
先日、ネットでニュースを見ていると興味深いニュースが掲載されていました。掲載各社により受け止め方はそれぞれなのですが、興味深い数字はとても参考になりました。記事内容はこちら

資金繰りが大きな課題であるのは男女とも同じなのは納得。結局経営を辞めるまではこれは付きまとうだろうなー。続いて家事・育児との両立(楽が一番使わない両立の言葉はまだまだ健在だ)もあったけど、親の介護、と言う言葉が出てきていたのにはどの世代にも課題なんだと思いました。

また、男性企業者よりも、女性企業者の方が廃業率が高いのも育児・家事・介護が女性の肩にどっしりかかってきているのかなぁ・・・と思う節もあり。お客様でも、介護をされている方が増えてきています。時間のやりくりをして、サロンにご来店いただく際にはたっぷりと介護疲れを落としていってもらっています。やっぱり息抜きは何事にも必要ですね。


上記現状を踏まえて、
起業しても、なかなか生き残りが難しい現状。
会社と違って、個人の場合取引する会社・仕事絡みで付き合ってゆける人・そうでない人を自分で選択せねばなりません。
ただ単にお金目当てで近づいてくる人や、利用しよう、と言う魂胆みえみえの人やら、企業当初はそれに振り回されることも多々ありました(今でもたまにあり)。

そんな中。
少々楽を困らせる人が久しぶりに登場。
他のサロン経営されている方や、楽母などの絡みなどもあり楽も少し油断しておりました。



あぁ~、油断禁物。



事件は夜に開催されたイベントパーティーにて。
ご夫婦で出席されていた方、実は両方ともお酒を飲み、お開きになってから「運転して帰る」と言い出したのです。

このご時世だから、ではなく、根本的にその考えはいかがなものか・・・?!


楽は同じテーブルで食事をしていたのですが、楽の隣の方は「車で来ているので」と最初に一言。そりゃ、そう言われて勧めるバカ野郎は楽の周りにはおりません。必要なくなったビールをそのご夫妻の所に回すと、浴びるように飲まれておりました。


まさか、運転してきていたとは・・・。



楽が仕事絡みでお付き合いをしようか、しまいか・・・と考えていたのは奥様の方。当然ご主人が運転してきていたのは自分も同乗してきていたのですから、知らないはずはない。しかも飲むご主人を止める事もなく、本人もワインやら水割りやら、がばがば。

パーティー終了後、仕事の打ち合わせをその奥様とする事になっていたのですが、楽が部屋に荷物を取りに行っている間にトンズラ(当然挨拶も、打ち合わせに出ない連絡も一切なし)。
もうお一方Mさんを交えての打ち合わせをする事になっていたのですが、その方も「楽さん!彼女車で来てたって知ってた?!」って聞かれて、その場で楽は初耳。
静止するMさんに対して、奥様の方が一言


「いつものことですから」





常習犯か!!!!!








どうやら夫婦仲もうまく行っていない様です。

もうひやひやモノでした・・・。
一応、何ともなかったのが何よりモノ救いなのですが、何もなかったから全てOKなのか?!と言う疑問も胸に残ります。

自宅に戻ってからも、かなり胸に残るものがあり、旦那に詳細を話すと、普段は楽の仕事の事に関しては寛容な気持で接している旦那が激怒。


「我が家の普通はそのご夫婦には通用しないんやね。でもその状況で警察に捕まったら自分にも影響があるって事をちゃんと認識して行動するように。このご時世だし、その方は子供さん3人もいてはるんやろう?そういう普通の事が普通に出来ない人と仕事を一緒にしても、こちらが求める普通が出来ない以上、タッグを組んでもいい成果物は出来ないよ。個人経営者やねんから、合う・合わない人って言うのを自分の意見で選別してもいいんじゃない?」と。








ごもっともです・・・・。


普段仕事に関して100%理解体勢でいてくれている旦那の言葉だからこそ、胸に突き刺さりました。

当然、その方とはご縁なく行く事に判断しました。
確かに、楽にしてみたらメリットがあるんですよ。
でも、そのメリットを手に入れるためだけに、自分の家族・生活は投げ捨てられません。




ったく、自分の周りにこんな事をする低俗な人が居るなんて、本当に想定外です。本当に意識が低い、低すぎる。
意識が低くても起業は出来るんだよなーと、一番最初に出した記事を読みながらふと思い出した2週間前の出来事でした。

資金繰りも育児・家事も経営に大きく影響しますが、やっぱり根本を支えるのは経営してゆく人の人間性だ。更に痛感。
日々、人間性も磨いてゆきたいと思う週明けです。

さ、仕事仕事!
















スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

たしかに「常識」とか「普通」のものさしって、人それぞれとはいえ・・
まったく「つける薬のない」方ですね。その方。

ご主人のおっしゃるとおり、楽さんも素直に聞けたのではないでしょうか。

私もいつも感じるのですが、「違和感」感じながらも「まあまあ」と推し進めてると結果「後悔」する事が多かった気がします。

ま、その方は論外です。縁切れ結構。。楽さん頑張れ。
| URL | 2007/04/23/Mon 12:56[EDIT]
【姫様】

>、「違和感」感じながらも「まあまあ」と推し進めてると結果「後悔」する事が多かった気がします。

やっぱりそうか・・・。そういう事で仕事の縁を切るのっていけないことなのかな・・・と思う甘い自分が居たりして、周りに相談しまくってます(当然親とか旦那とか)。自分の判断が間違いではない事がわかって安心しました。ありがとうございます。

今後もこんな人出てくるんでしょうか・・・。はぁ~、疲れるなぁ~。自分も相手の方にそう思われないように、社会人としてしっかりせねば、と思います。

| URL | 2007/04/23/Mon 20:12[EDIT]
色々考えてしまいます
そのご夫婦、お子様がいらっしゃるんですね。心配です。
お付き合いを控えるのは当たり前だと思います。これからの長いお付き合いでほかにも色々な摩擦が出てくるかもしれませんし、出てこなくても飲酒運転に関する価値観がこれだけずれていれば絶対に信頼関係に影響しますって。
ゆっきー | URL | 2007/04/24/Tue 07:22[EDIT]
【ゆっきーさん】

独身だから、結婚しているから、子供が居るから、と言う理由で飲酒運転がどうこう、ではないのですがどうしてもその事が真っ先に出てくると思うんですよねー。私はお酒を飲まないから、断るのにどれだけの勇気がいるとか場の空気が変わるとかは分かりません。でも、飲めない・飲んではいけない(今回の場合は運転してきたという事)状況があれば、誰も勧めないでしょう。ビジネスにおいて、この自分に甘い状況は付き合う事になる私の方にマイナス因子にしか働かないと思いました。そういう事が自分のビジネスに影響を及ぼしている、と言う発想もないのかもしれませんね。

| URL | 2007/04/24/Tue 12:23[EDIT]
Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。