ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはないやろう・・・

人からお金巻き上げたり、人にたかる人の心理がいまひとつ理解できていない私。

今回の経験で、「きっとこんなに簡単に現金が手に入るんだぁー」と言う体験が人を狂わせるんだろうな、と思いました。



息子が通う学童保育。
100名以上が在籍し、指導員も多数。

2学期も終わりに近づき「このまま、すんなり冬休みに入るだろう」と思っていた頃に大爆弾がやってきました。



そう、金絡み。

今回は巻き込まれた側。


4年生二人が1年生6名を誘い入れ、その6名から現金を巻き上げようと企てていたそうな・・・。遊びで始めたドッジボール。「当てられたら、金払うことな」の上級生の一言でゲームスタート。

上下関係がシビアにある学童保育。
息子が気づいたときには、すでにゲームがスタートしており、止めることも出来なかったそうな・・・。


小さな頃の3歳差ってすんごい大きく感じるんだろうなー。



数分後、ゲーム終了。

A君はB君に3回当てられたから、300円。
B君はC君に5回当てられたから、500円。
C君はA君に4回当てられたから、400円。

息子も数百円誰かに支払う事になってしまったらしい。


頭をよぎったのは、
「この世で一番怖いかーちゃんの顔と、貯金箱に入っている200円にも満たない小銭たち」



足りない・・・。



しかも、「持ってこなかったら、300円払う指きりをしてしまった」と言う。



ほほぉ~。
なかなか知恵が回りますなぁ、平成の小学生。
約束通り持ってきても、持ってこなくても現金強要。
抜かりなさすぎ!頭回りすぎ。



あまりにも困り果てた息子が帰宅後に「困った事になった」と切り出したことがきっかけで、発覚。


事情を聞いて、関係していたご家族へ連絡。
そこで改めて事実確認をしてもらったのですが、なんと。

子供同士の電話連絡(お金もって来たらあかんで!)だけで、終わらせているではないか!






あかんやろう・・・。
お金が絡むんやから、やっぱり親がきちんと対応して、ってしなきゃ。
子どもにとっても「人からお金もってこいって言うても、これくらいで大人って済ませてくれるんやー」って言う思いが植えつけられてしまったら、また同じ事をやる。
絶対にやるぞ、これ。


しかも、息子に指切りをしたのが、何と1年生・・・。


学童側も対応が後手後手になってしまった(担当者が報告なしにお休みしたり)事もあり、
「なぜお金をもって来る様に言ったのか」
「まきあげたお金をどうするつもりだったのか」など
なぜ、と言う部分が棚上げ状態。

これでは何の問題解決にもならない。
単にお金が動かなかっただけ。


お金が動かなかったら、遊びの中でお金を強要する事をやったり言ったりしてもいいのか?となる。



明らかに大人が試されているなぁ~と感じました。



こんなに早くお金絡みのトラブルに巻き込まれるなんて、少し想定外。もう少し学年が上がってからだと思っていたから。


小学生から、喫煙・妊娠・恐喝はあるものと思っていた方が驚きは少ないのかも。


冬休みを前に、大きな問題が出てきました。
息子が小さな胸を痛めている。でも、果敢にも「学童、楽しいから行く」と目一杯遊んで帰宅してくれています。きちんと、対処しなきゃ、後々尾を引くことになりかねない今回の一件。




お金のやり取りに不快感を抱いたのが、息子一人だけだったというのもなんと言えばいいのやら・・・。













スポンサーサイト

師走じゃないか!

ミクシーで毎日更新しているから、どうしてもこちらはサボりがちに・・・。

でも、生きております。


11月はあれこれ考える時期だったのか、沢山悩み考えそれなりの答えを出して動き出せるパワーをいただけた1ヶ月になりました。
長かった息子の2学期も後数週間で終了予定。終業式後には、一人で参加するスキー合宿にも積極的に捉えており、息子の成長度合いには本当に驚かされると共に、「私も負けてられない!」と励ましももらえたり。皆勤賞ももらいたいから、と毎日本当に頑張って登校している。体調が100%じゃないときも、それなりにあるけれど、何とか乗り切っているところがすごいよ、息子。
一度決めたことをやりぬく根性もあるしなぁ~。


一体誰に似たんだ?



気づけば12月。
滋賀サロンを閉鎖するお知らせとウィンターキャンペーン案内も同時作成中。
昨夜からプリンターフル稼動です。


今週中に、発送します。




昨日、音楽を聴きながら作成した「滋賀サロン閉鎖のおしらせ」を自分で作って読んで、思わず泣いちゃいました。



やってるときは無我夢中だったのですが、こうして終焉を前にしてみると、結構大変だったよなぁ~と言う思いが。



滋賀サロンの往復。
技術を朝・午後やってから、また帰路。
当時は旦那がほとんど中国出張で不在がちだったので、完全に私一人での育児生活。
帰宅してから、タオルの洗濯・ご飯・風呂にバイオリンが始まってからはバイオリンの練習もして・・・。

9時には消灯。

思い返してみたら、息子が眠るのと同時に私も尽き果てていた記憶が・・・。






私も大変だったけど、息子もよく頑張ったよ、本当に。


年明け2月で6年目に。
今年からペースは少し落ちたけど、ある意味自分が望む状態に近いものでもある。
じっくり腰をすえて育児に取り組みたいという気持ちもある。
10年の目標に向けて、土台を固めたい気持ちもある。



そういう気持ちを抱きながら、2009年に入るぞ!








Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。