ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想系

楽助が小学生に上がるにあたり、我が家では子供部屋と言うものを与えませんでした。
私も旦那も3人兄弟の中で育ち、「部屋を頂戴」と言ってほいほい与えてもらえる環境で育ちませんでした。マイナス思考ではなく、「頂戴」=「はい上げる」と言う形があまり私も旦那も好きではない。もちろん、3人兄弟で一人ずつ部屋を与えてもらえる部屋数を確保できなかったという両親の考えもあるだろうけど、部屋を与えたからと必ず勉強するものでもないし・・・。

と言う事で、台所についているカウンター越しに机を二つ並べた勉強一角が出来上がりました。楽は自宅が仕事場でもあるし、技術する場所と事務作業する場所の二箇所必要になっている。旦那もPCがあれば仕事が成り立つ部分がある。だから仕事をよく自宅に持ち帰ってくる。
机を確保する前は食事をするスペースでやっていたりして、食事の度に「片付けて」となるのが面倒だった様子。食卓テーブルが楽の作業机に、引越しの際に買った180センチの作業机は旦那と息子で共有する事にしました(旦那の方が片付け上手だから)。私の机周りは片付けてもすぐに書類で埋まり、なだれが頻繁に起きる。そこに保育園からもらってくるプリント類で一気に山積み。


理想系


カウンター上の書籍は、私が読まねばと思っている本一式。
台所から手も届くし、机からも手が届く。
気づいたときに本を読んだり、スケジュールをチェックしたりするには良い間取りだと思う。
何より、リビングで遊んだり机で作業する息子の姿が絶えず目に入ってくるのはいいなーと感じます。

さて、この環境で楽助がしっかりと勉強するのか?!

しないだろうなー・・・。







スポンサーサイト

声帯結節
うやうやしていても、生活の質が下がる!と、ご近所方から聞いていた比較的新しい耳鼻科へ行ってきました。病院へ行った後、息子も一緒に出かける用事があったので息子も同伴。

「だいたいこのへん」と言うあいまいな記憶で車を走らせたのですが、楽助の協力もあり同じ場所を②往復してようやく病院発見。行った時間が良かったのか、非常に空いていてすんなり診察開始。院長はきっと私と同年代だろうなーと思われる男性先生。
症状を話すと、カメラで検査しますと鼻から本当に細い細い管が鼻の中に・・・。
耳鼻科って35年生きてきて、かかったのって今回で2回目。それくらい行く事なんてなかったんです。
アレルギーもないしなぁ・・・。

診断結果は、ポリープの一歩手前になる「声帯結節」と言う状態。
抗生剤を飲んで数日で治まる場合もあれば、治まらない場合もある。
とにかく、声を出そうと思っても声帯が上手に共鳴しないので、無理に出さないことを言われました。
加えて、鼻かぜを併発してますねーとのこと。外に鼻水が出ることがないので意識していなかったのですが「喉に落ちて更に声が出し辛くなってます」といわれました。

うー、そうか。

3種類薬を処方されたのですが、この薬。
咳止めがなかった・・・。実は風邪の影響か声帯結節の影響か夜中にひどい咳き込みがあります。とにかく横になると咳、仰向けになっても咳。仕方がないのでソファーでおきた状態で2晩過ごしました。まともに横になれない状態での睡眠ってこんなにきついんですねー。熟睡は出来ないし、疲れも取れない。今日も耳鼻科へ行くのでその際に処方してもらうか、他院でもらった咳止めを飲んでいいか聞いてきます。



確かに不便なんですけどね、声が出ないと。電話が出来ない。
幸い、最近はご予約の連絡がメールで来る。
楽助も「かっかは声が出せない」とわかると、それなりの行動をする。
日々、いかに自分が口うるさく言っていたのかがわかる。

今までの自分の育児を見直す、いい機会になったんだなーと思います。


でも、やっぱり早く良くなりますように・・・。







声が出ない風邪

日曜日の夜から、本格的に声がかすれ始め月曜日の朝は、声が全くでなくなりました。

もともと、卒園式の朝起きたときから体調がおかしく、一日持つかなぁ・・・と不安に思っていたのですが旦那に少し背中をマッサージしてもらったらよくなったので安心していました。
喉がおかしくなった予兆が、土曜日の夜。
卒園ママ達と先生をお招きした飲み会の席で段々声が出しづらくなったのですが、今ほどひどいものではありませんでした。

来週、入学式もあるし早々にかかりつけの内科へ。
診察室に入ると、いつもの院長ではなかった。ヘルプで他の病院から来ている先生だった。

ちぇっ。同じ先生だと「あれ?いつもと違うねー」なんてなるのですが、「普段はこんな感じですか?」ってな具合になる。かかりつけ医なのになー・・・。一通り喉だけがおかしい旨を伝えると、喉は見える範囲では腫れていないといわれる。


「風邪じゃないのかなぁ・・・・」


と言う担当医。


風邪じゃなかったら何なの?
と聞くと

























「ポリープ?」















ポリープって、喉を酷使する歌手とか噺家の人がなるんじゃないの?!
って聞くと「耳鼻科医じゃないから、わかりません」だとぉ~?!
まぁ、確かにね。内科と外科やしなぁ。それにしてもそんな冷酷な言い方あらへんやろう。
患者を不安に陥れてどないすんねん。
しかも出された薬が葛根湯と咳止めのみ・・・。うー、きつい。
これでよくならなかったら、耳鼻科に行ってといわれたものの、それから2日経過し、明らかに風邪の症状が強く出てきました。

さすがに早く手を打ちに行ったのに抗生剤が出てないから、辛い日々が続きすぎ。
今日、病院に行かなかったら来週月曜日まで行けないスケジュールになっている。


どちらにしても、一度耳鼻科に行って来ようかなー。
今の薬ではポリープじゃないにしても、よくなるスピードが遅すぎる。
何もないのならじっくり付き合うのですが、仕事も沢山目の前にある。
仕事の効率が下がるのは、いただけない。
3年前の悪夢(入園式にインフルエンザで私が列席できなかった)もあるし、
小学校の入学式は絶対に行きたいし。



と言う訳で、出かける前に耳鼻科へGO。

ポリープではありませんように!



卒園式を迎えました

当日は朝からとても良いお天気でした。
2歳児クラスから通い始めた今の保育園。とうとう卒園する日が来るなんて、入園した日には遠い遠い先の事に思えていました。が、過ぎてしまえば早いもので土曜日は楽助の卒園式がありました。前日から、楽の両親が自宅へ宿泊、母は着付けために(父はその付き添い)孫の門出を祝うために来てくれました。

式はとても厳かに行われ、卒園証書授与式もあり(しかも一人ずつ)歌の披露もあり、サプライズの踊りもありと涙と笑いに包まれた卒園式となりました。

楽助は今でこそ、さほど熱を出したり保育園を休んだりしませんが、2歳児・3歳児クラスでは年末になると必ず気管支炎を発症。シーズンに1度かかったらあまり頻繁にかからない、と言われている溶連菌感染症なんて、3回連続でかかってくれた。(発熱=溶連菌と言う思考回路ができあがっていた)大きなケガはなかったけれども、吐き下しで点滴を受けたこともありました。冬場、鼻水が出ていない日はほとんどなかったし、「いつまで薬を飲み続ければいいんだろう・・?」と悩む日もありました。

免疫は貯金とはよく言ったもので、年長クラスにもなれば体力・気力も相当ついてきました。
仲良しのお友達も出来たし、何より「頑張れば出来る様になる」と言う気持ちを抱かせてくれた保育園には感謝感謝。保育園と言う器の中に幼稚園が入っている様な感じの園と言えば分かりやすいかな?担任のO先生は、楽助たちを送り出した後、次の世代の育成に回るらしく担任を持つことは今後ない、と言う事で1年取り組まれていたそうです。例年では行かない場所の遠足、オーケストラが演奏するような生活発表会の選曲、卒園式では担任の先生二人がはかま姿で登場。「締めにふさわしい式典にしたかった」と言うお言葉には心がぐっと来ました。


終わりは始まり。


園児達は次のステップへ旅立つのですが「いつでも帰ってきてね」と言う先生方の温かいお言葉は長い間通わせてよかった・・・と思える心に染み入るものでした。

ありがとう。そしてこれからもどうぞよろしく。

卒園式













雨には勝てませんでした

春分の日の昨日、大阪万博があった記念公園内で、大阪府の保育園対抗のサッカー大会が予定されていました。しかし、予報通り前日からかなりの風と大雨。とても楽しみにしていたサッカー大会当日も、早々に中止が連絡。

うー、保育園年長クラスとして最後の大イベント(昨年のこの大会では1年上の子たちは優勝しているのだ)だっただけに、子供だけでなく親も残念モード。
まぁ、天気までは動かせないから、仕方ないですね。
唯一の希望は、明日の卒園式が見事な晴天であること!

卒業に関しては小学校を出るまでないから、楽は着物を着ます。
気づいたらもう卒園。本当に子供の成長って早い。



なんてことを・・・

春先になるとどうも旦那の体調が崩れやすい。
去年も週末から火曜日にかけて続けてお休みしたり(そんなに休めるなら、連休とってどっか行こうよ・・・って思う)、寝て過ごす方が多い。
季節の変わり目は子供も大人も同じなのかも。

で、今週もそんな感じで始まったわけですが、実は先週末金曜日、旦那が飲み会で夜遅い帰宅の時に限って、会社に鍵を忘れて帰ってきた。オートロックの我が家。鍵を持って帰ってきてもらわないと、起きて待っていなければならない。帰宅したのが金曜日は11時半。午前様じゃないだけましか?

旦那の忘れ物は、たびたびなので驚くことではないのですが、予備の鍵は全て互いの実家に預けてあるため、1本ないだけで身動きが取りづらくなる。しかも今週に入って体調不良で休んでいた旦那が私の鍵を持ち歩く事に違和感を感じなくさせてしまっていた。

そう、今朝出勤した旦那。
私の鍵持参で出勤しました(--)

何て事を・・・。
今日は私が少々体調不良。仕事と家事・育児をこなすだけの体力しか残っていない。
しかも外は段々雨になる様子。
夕方は楽助のバイオリンのレッスンがあるにも関わらず、分刻みの来客スケジュール。
自宅駐車場は、立体駐車場になっていて鍵がないと車は出せない。
ごみも、ドラム式になっていて鍵がないと開けられない(=ごみも出せないと言う事だわ)
楽助の保育園は徒歩で往復すると、保育園での準備なども含めると50分ほどかかってしまう。
園は坂の頂上にあるのだ。自転車の鍵は紛失中でロックがかかった状態。
自転車置き場も鍵で施錠されているから、自転車が動かせたとしても置き場から出すこともあけることも不可能。

分刻みのスケジュールな上に体調不良の楽にはそれを徒歩で過ごす余裕は一切ない。

しかも問題は夕方のバイオリンのレッスン。
鍵がないのだ。二人同時に家を出ると、鍵を開けたまま外出せねばならない事になる。
うー、今日の予定なし崩しだ・・・。
この代償は高くつくわよ、旦那!

一度立てたスケジュールを再度組みなおし、ファミリーサポートセンターに楽助のバイオリンの送迎は依頼(市民がシッターを買って出てくれる制度。当然有償)。楽助は急遽保育園を休ませることにしました。卒園まであと2日のうち1日をこんな形でつぶすことになるなんて・・・。
歩いてゆく体力があればよかったんですけどね、私に(それをやると倒れる)。
本当はいけないんだろうけど、楽助を一人お留守番させて、明日のサッカー大会に持ってゆくお弁当と今晩の食材を買ってきます。材料が全然ない。

お願いだから、鍵を持って帰ってきてください。旦那!









最後のUSJ

2008年3月15日。
この日が、我が家が持っているUSJの年間パスポートが切れる日でした。
切れるとなると、「最後に行っておきたくなるなぁ」と言う旦那の一言で、家族揃って行ってきました!

楽助の年間パスポートはすでに11月で切れており、今回は入園チケットを購入して入場。
しかも今回は、行く2日前に同じマンションで仲良しD君ママと通っているスイミングでお会いし、「土曜日行くんですけど、行きますか?」と聞くとママが仕事で行けない、と言う事だったのでD君だけお借りして楽家3人+D君の4人でパーク入りしました。
D君は楽助の1歳年上で、保育園も同じだったのでとても仲良し。
一足先に旦那とパーク入りしていたのですが、久しぶりのパークを満喫できた様です。

私は午前のお客様のご予約を終えた後、速攻でパーク入り。
お昼ごはんを食べている3人に合流し、そこからパークを満喫しました。
夜のアトラクション、ピーターパンも最後までしっかり見てから帰宅。
途中、おすしを食べてから帰ったので、帰宅時間は10時を過ぎてしまいました。

D君ママも「仕事にすごく集中できた!」と好評だったので、今後も日程が合えばキャンプに遊園地に一緒に行こう!と約束してお別れしました。


さ、次はキャンプだ!
今から楽しみだー♪



扶養に戻りました。

約2年間、旦那の扶養から外されていました。
税制上、扶養に入れるはずだったのですが
旦那の会社独自の「会計基準」と言うものに、思いっきりひっかかり
予想外の扶養外となってしまった。
会計士さんも驚きのものでした。

で、外されたからには自分で国民健康保険と99%信頼ゼロ度の国民年金に加入せねばならなかった。年間で20万円強の支出。経理上はマイナス計上されているサロン・楽からこの出費は痛かったなー。どうやって支払ってきていたのか、未だに不明である。それなりに義務化されていたから支払えて来たんだろうか・・・?

そんなこんなで、去年末、だんなが「会社が会計基準を改定するらしくて、再度サロンの申告書類を提出して」と言ってきた。旅行に出張にとうやむやになっていたのですが、2月頭のサロンの株式会社化の話が会計士さんから持ち上がってきた際に、再浮上。そしてこの度、無事に旦那の扶養家族に戻ることが出来た。良かった良かった・・・。

でも、安心は出来ない!

問題はまた、会社側が「会計基準を強めます」なーんて言ってきたら、また扶養から外される可能性があるのだ。会社側が認める「経費」とは、人件費・家賃・仕入れのみ。大体さぁ、営業経費として通信費とかガソリン代とか一般的な経費ってなもんがあるじゃろぉ~!それは「一切認めません」ですってー!!考えられない会計基準ですよ、ったく。

また「外れてください」って言われない様に手を打つ必要がある。

でもって、そのための株式会社化になりそうです。
株式会社化すれば、社会的信用度もアップ。税制上も支払う部分もあるものの、優遇される部分もある(メリット・デメリットありってこと)。そしてなにより、私が「自営業」から「会社員」になる。
現在のサロン運営会計だと、完全マイナス計上=頂いているお給料はゼロとなり、結果旦那の扶養から外されることはない、と言う事だ。



無事に扶養に入れたことで、早急に株式会社を立ち上げなきゃと思っていた部分が少し期間的に猶予が出来た。猶予が出来たからと、怠けられるものではない。しっかり期日を決めて立ち上げに取り組みたいと思います。

そのためにもまずは、会計士さんと再度打ち合わせだなー。

仕事は山もり。処理は一人。
しっかり頭をフル回転させまーす。








目覚まし時計

最近、旦那の悩みはもっぱら「四月から早起きできるのか?」と言う事。
早起きするのは、当然楽助もですが、この私。

仕事の開始・終了時間が自分で調整できる上に、出勤時間がない(滋賀サロンは別)ので、
ぎりぎりまで寝てしまう。朝起きたら旦那が居ないことなんて、多々ある。いけない嫁だ・・・。


で、私は起きねばならない!!と言う目的が非常に強くはっきりとしていれば起きる。ただ、問題は楽助。今まで私の時間に合わせていたのだから、4月1日から学童保育が始まる当日から早起きが必要となる。これを夏休みが来るまで続けねばならないのだ。


と言う事で、私よりも楽助の「おきるぞ!」と言う意欲を駆り立てるために、目覚まし時計を買ってきた。私から「買ってくる」ではなく、自ら「おれ、はやおきしてじぶんのとけいでおきたい」と言い出したではないか!!なんというタイミングで・・・。
買ってきたのがこれ。


にわとり

散らかっている楽の机の上は無視してください・・・。
時計の上にある「明らかにじりじりなるベル」は実はなりません。ベルの音は実は電子音で、「鶏の鳴き声」。初日になった昨日は、楽が朝5時に起き(旦那のいびきが五月蝿くて目覚めてしまった)楽助は1時間後の6時起床。にわとりの声が2回程度で起きたので、早起き=楽しい、の方程式は頭にインプットされた様です。が、二日目の今日は欲張ったのか朝5時半におきる!と言い出し、実際5時半に目覚ましがなるようにセットしたのですが、朝から10回以上鶏の鳴き声を聞かされました、私。
何をやっても起きなかったので、目覚めたのは朝7時。寝坊した事と、目覚ましの音が全然聞こえなかった楽助、自分自身に怒っていましたが、「かっかは、とめないでみみのところにもってきたら、おれはおきる!」宣言。20回以上聞かされるんだろうな・・・。




で、早起きして何をしているのか?と言うと、バイオリンの練習をやっております。
帰宅してから、やることがぐん!と減りますからね。小学校にあがったら、宿題や教材をやる時間を夕方に確保せねば・・・と思っていたので、楽助の早起き宣言はとても助かるものとなりました。

ヤフーの週間一覧を印刷して、目に見える様にすると、楽助も「達成感」を得られた様で、くいつきがとても良い。上手に出来た部分には、花丸や二重丸で印をつけてそのしるしをポイントとしてためて、○個たまったらご褒美をあげる!と言うのも効果的なのかも。




記録を残してゆくだけでは、私がなかなか出来ないでいるので、こういうタイプのものだと、続くかなー。この習慣を楽助自身が習得してタイムスケジュール出来る様のなるのが最終目標です。楽助予定表



さて、三日坊主にならないように私も早起きがんばりまーす



タオルの入れ替え

サロンのタオルを一新してから、約2年以上が経過。
縫い代がほつれてくるとか、洗う度に糸が出てくるなどと言う現象はないにしても、やっぱり相当な回数、洗濯機の中で洗われているタオルたち。
結構くたびれてきている感は否めませんでした。

ちょうど季節も春目前だったし、気分転換にサロンのタオルを一新する事にしました。

仕入れ業者さんと色見本をお互い電話口でみながら「あーでもない」「こーでもない」とお互いの顔にタオルを近づけてみては顔色がきれいに見える色はどれだろう?と議論。
楽の要望に極力近い形で、かつ「やっぱり女性の肌色がきれいに見える色を」と言う押しの言葉で、今年はラズベリー色にしました。
2年前に発注した枚数を元に、今回はフェイスタオル100枚、バスタオル20枚を注文。
無事に到着しました。

が!

届いたタオルについている「タグ」を1枚1枚はさみで切ります。
これは、タグがお客様のお肌に当たって痛みや傷にならないため。
合計120枚分のタグを切りました。
そして、届いたものがそのままサロンに出されるわけではなく、一旦洗濯!
糊はついていないのですが、やはり工場から出されて検針などで人の手もずいぶんついているだろうし・・・と、全部洗います。
洗うという事は、乾かさねばなりません。
この時期、花粉症のお客さんが多いので絶対に外には干せません!!!
全部部屋干し、完全乾燥するまでずいぶん時間がかかります。
1日に乾かせる量も限られているし、少しずつ様子を見ながら洗濯しては干して、取り込んでたたんで、また洗濯して・・・の繰り返し。実は今日で3日目なのですが、まだ終わっていません!!

フェイスタオル100枚干せる家って、聞いたことないし!!

しかも、新しいタオルがあるということは古いタオルもあるんですよ。

限られたスペースに、フェイスタオルが200枚以上(自宅タオルもあるし)!バスタオルに関しては50枚以上あるぞ!!!
ひえぇ~。だから部屋があっと言う間に糸くずだらけになるんだ・・・。




でも、たたんだ新しいタオル。手触りも全然違う。
一番違うのが「タオル1枚分のボリューム」

並べてみたらこんなに違いました。(同じ枚数をたたんでならべてみました)



風合い







こんなに違うんだぁ・・・。さ、新しいタオルがサロンでお客様の手・肌に触れるのは明日から。
気分新たに、頑張ります。
タオル君たちも、2年間どうぞよろしくね。
しっかり働けよーーーー!



どろんじょ

本日入浴中の楽助と私の会話にて



楽助 : 「かっかー、かっかがちいさいとき、ヤッターマンやってたんやろう?」


楽 : 「そうやでぇ~。あのワン!とほえりゃぁ~♪ってやつは同じやな」


楽助 : 「おれな、どろんじょがだれかしってるでぇ~」⇒超得意げに


楽 : 「あぁ~、実写版のやつなぁ~。でもあれだれやったっけぇ~?」


楽助 : 「 あれ、

































にしおかすみこやねんで!!





















違います!(--)



















ライラの冒険

旦那が帰国してから初めての週末。
あれこれやりたい事を探っていたのですが楽助の体調もいまひとつなので、USJを辞めて映画を見に行く事にしました。

2月中に楽助と一緒にアースを見に行く予定にしていたのに、結局見に行けなかったので行って見よう!とPCで調べてみると、あれれ?公開からしばらく経過していたこともあり、自宅付近の映画館では上映していないことが判明。仕方なくしっかり調べて三条京都まで出てみることにしました。

んが。

行って見たらアースの上映表記が一つもない。

やってしまった・・・。

どうやら先週の金曜日までの上映になっていたのだ!
それが行って見て初めて分かるんだから、何のための事前調査だったんだ?!
仕方あるまい。楽助は「映画ないのぉ~?」と騒ぎ出しているし、本望ではなかったものの、ライラの冒険を見てきました(当然吹き替え版)。
まぁ、内容は三部作の第1部だから、こんなもんかなーと言う感想。
特別大迫力があるわけでもない(三部作シリーズだったらやっぱりパイレーツオブカリビアンがNo.1)し、特別主人公の女の子もかわいいわけでもないし・・・・?

英語の勉強にはなりそうな感じでした(吹き替えだったからDVDでは字幕で見たい)。
第2部に期待!かなー。


そのまま三条と四条付近をうろうろ。結局木屋町筋にあるラーメン屋でお昼を食べました。これがまたおいしかったんだなー・・・。
楽助も最初は「えぇ~?ラーメン?」と言っていたのですが、あっさり完食。
帰路の車内(電車で京都入り)では3人とも爆睡しました。


明日は再びナンバJTB支店にいる友人に、旦那のご両親が行く桜ツアーの申し込みに行ってきます(義母さんの還暦祝い)。午後は心斎橋にある美容室でシェービングエステを受けてきます。2週間後の卒園式に向けてせっせと下準備中でーす。自分で出来る限りのフェイシャルエステもやりたいと思います。



手帳と言えば私・・・?

卒園式まであと2週間。
ここにきて、楽助が軽く咳き込みをするようになってきました。
生活発表会に向けて走り抜けた2ヶ月。保育園でも「最後の思い出」としてあれこれ、行事やカリキュラムが組まれている。日々の生活の疲れも出てきているのかなー。
今日は事務作業日にもなっていたし、大事を取って保育園はお休み。
小学校に上がったら、こういう「体調クッション日」と言うのもほぼ無理。可能なのは、学童へは行かず授業終了後に帰宅させる事かも。
なおさら、スケジュール管理・体調管理が重要になってくる。

で、期が変わる時期でもある今月。
実は先週土曜日、楽助を保育園に迎えに行った際保育士さん3人に引き止められました。
一人は園長夫人(現場でも活躍中)・二人目は事務局長のS先生・もう一人は楽助の担任のO先生。

O先生 :「あ!おかあさん!いいところに来てくださいました!あのぉ~おかさんが使ってはる手帳見せてもらってもいいですか?!」

ええ、いいっすよ。

ぞろぞろと奥から園長夫人とS先生もやってくる。

「あぁ~やっぱりこれよ!これ!」

三人そろってなんですか?
どうやら、私が使っている佐々木かをりさん考案のアクションプランナーを見たかった様子。

園長夫人 :「ほらぁ~、S先生!これくらいないと管理出来ないんだって・・・」

と3人ともうなずきながら私の手帳を見ている・・・。なんともまぁ、不思議な光景。
話を聞くと、先日事務局長のS先生の予定がダブルブッキングしてしまうという最悪の状況になったそうな。後日楽助の担任の先生までも「今日、予定がかぶったんです!」と言う。
アクションプランナーの使い方ややり残しを翌日・翌週・翌月・翌年に残さないための工夫などを説明すると、三人とも目がランラン。
見開き1ヶ月のページがないのは困る様子なので、別の方法を伝授。
「月曜日始まりのカレンダーも探し当てるのが大変」と言うと、うなずき度も更に倍。
みんなそんなに困ってたの?!
で、「今どんな手帳を使ってはるんですか?」と見せてもらったら、そりゃまぁ、女子高生が使うような小さな1日に何があるかしかかけない手帳でした。
これでは、予定がかぶるって・・・。きっちり30分単位でメモリがついていて予定が入ったらしっかり枠を確保する。to do リストを手帳に書き落として終わったら二重線で消す。消してないものはやっていないと言うことになる。


最終的に、インターネットもされないみたいだし、楽が代理注文する事になりました。

「で、何冊いりますか?」と聞くと三人とも挙手!
了解しました。後日カバーの色などを伺って、発注しておきますね。


と、不思議と「手帳の話をされていたのですか?」と聞くと
「おかあさんがいっつも、園内行事を見てすぐに手帳に書いてはるのを見てね


手帳と言えば楽助君のママよねーって言ってたのよ、今」










ああ、そうですか・・・。
私は手帳屋ではなく、リンパマッサージ屋なんっすけど・・・?
仕事の効率化を図るためには、やっぱり手帳なですね。

と、昨日のお客様にこのお話をすると「私の分も頼んでおいて下さい」との事。



手帳屋をやった方が儲かるか?!




完成
いよいよ入学式まで1ヶ月を切りました(4月4日・始業式は8日・学童保育は1日から)
先月あった入学説明会。あれこれ作るもの一式を、必要書類で頂きました。
通学補助かばん・上靴入れ・体育館シューズ入れ・エプロン入れ・ナプキン入れ・体操服入れ。
全部で6種類。
手芸屋さんでは、「寸法通りに仕上げます!」と言う仕事がどうやら大賑わいの様子。

楽もどっぷり洋裁に浸かっている暇は実はない。
でも、予約状況もまだ自分なりに調整出来るし、何より6年後には中学生になるのだ。
さすがに中学生にもなって「補助かばんを作れ」などとは絶対に言わないだろう(学校も楽助も)。となると、私が手をかけて作る事も、これが最後・・・?
と思うと、何とか手作りでと一念発起。ミシンもあるんだし、何より布を駆使すれば「楽助唯一のかばん」が出来る。既製品を買うと便利なのですが、「○○君と同じー」「○○君も持ってるよ」となる。見た目で「ボクのかばん」と直ぐに分かる方が、楽助には必要!と昨日お昼過ぎから取り掛かり、先ほど終了しました。


かばん




通学補助かばんは、1つでよかったのですが1つ余分に二つ製作。反射板もつけました。
最近はこういうのが売ってるんですねー。便利便利。
(上段右二つ)

学童用にも布があまったので、肩からかけられる様式で作りました。マチは多い目に。
(上段一番左側)

通学補助かばんは、本当に大変でした。仕上がりサイズが指定されている上に、もち手となる紐のループの長さ(手を通す部分の長さ)まで決められていました。紐の幅も「2センチで」と言う徹底振り。かばんをかけておくフックが小さいらしい。そこに沢山のかばんを引っ掛けるから、幅が広いとずり落ちるそうな。毎日ある給食に使うナプキン入れは、持ち帰り忘れ・洗い忘れなどを考慮して、4枚作成。
(左下白い袋4枚がナプキン入れ・その一番下にあるのがエプロン入れ)

旦那が使い古したワイシャツの布を使い作りました。エプロン入れも同様の布で作成(エプロンは実家母に依頼)。

上靴入れと体育館シューズ入れ。
(下段真ん中の2枚)

体操服は下段一番右。

布のほとんどを無地で作ったので見た目すぐに「自分の」と分かるように、唯一ポケモンのワッペンだけつけました。これは現在楽助の中で「一番人気」だから。

多分12時間くらいかかっています・・・。
あー、大変。
全部で数えたら11袋ありました・・・。これは大変だ。
「双子だったら更に倍なんよね?」と保育園のママ友と談話後に寒気がしました。
一人でこんなに大変なんだもの!ダブルだと本当に大変だなー。


今日以降、洋裁に時間をかける時間も取れなかったし、早い目に終わらせておかないと次は「恐怖の名前書き」がある。入学式の日にもらってくるおはじきなど、全ての教材に名前を書かねばならないのだ。これは姉から「お名前シール」と言うものをお祝いで頂いている。入学式後3日ほど、「名前書き」としてスケジュールを確保。


こうして一つずつ、卒園に・入学に進んで行くのですねー。
一つ済んでよかった。さてと、今日は楽助のバイオリン日。
そろそろお迎えに行きましょうかねー。







児童会室入室説明会がありました
終わった・・・!
慌しく過ごした2月末がようやく終了。
2月の売上目標も無事達成。暇を予測していたのに、意外と忙しかったし充実感があった2月となりました。部屋の片付けや、お風呂掃除などは3月に持ち越しとなってしまった。
これは3月中にどこかでやりたいと思う。

そんな慌しい留めとなったのが、4月から通う事になっている楽助の児童会室の入室説明会の実施。旦那は中国に行ってるし、楽助を連れてゆくのも少々無理がある。と言う事で同じマンションに住む仲良しD君宅に3時間ほど滞在させてもらった。

「一緒のものを食べさせるから、夕方から連れてきなさいよ!」と言うD君ママの温かいお言葉に甘えさせて頂き、6時過ぎから楽助を預けました。散らし寿司に団子入りおすまし・デザートのフライドポテトまでの大好物コースに楽助も大満足!しかも、大食いを発揮し小食のD君も目を白黒させながら「楽助に負けられない!!」と普段よりも沢山平らげたとD君ママから伺う。


7時から児童会室に集合。
兄弟を何人か通わせている方も中にはいて、第1子を入室させる方は参加者の半分くらいしかいなかった(数名は不参加だった)。児童会室の定員は50名。ただ入室希望者が定員を超えているため臨時で入室を許可。最終的に入室児童数は97名と言うことだった。結構な大所帯。1年生から4年生までだ。入室にあたり、持参するもの・名前を必ず書くこと・連絡帳の活用など、保育園とさほど変わらず。ただ一つ強調された事は、「学校と児童会室とは運営が全く別と言うこと」だった。保育園は担任も事務担当も同じ「一つの企業」と言う意識が強かったが、どうやらそうではないらしい。学校は学校、児童会室は児童会室。児童会室の保育料は教育委員会管轄、おやつ代は市町村管轄。
入学式は4月4日だけど、児童会室は4月1日から入室。
楽は仕事を自由に自分で決められるから、4月1日はとりあえず午前中はお休み。楽助と一緒に児童会室へ行こうと思う。給食が始まるまではお弁当で対応。激変するのは私が起きる時間とお弁当が必要と言うことくらいかな。

多分実際にやってみないと、分からないことだらけだと思う。
4月は柔軟に対応していこうと思う。

学校がお休みで、サロンがオープンされる土曜日に関しては、旦那と1時間ほどスカイプを利用して話をしてみた。当面、習っているスイミングの回数を4回増の月8回契約に変更し、平日に4回・土日のどちらかで4回、1ヶ月に6回いけたらOKとする事をお互いに取り決めました。
土曜日朝は、旦那が居れば旦那担当・午後はスイミング・残りは平日なかなか出来ない遊びや勉強の理解度チェック、お友達と遊ぶなどが入ってくる。

まずはやってみることが一番!と思いました。
親が不安がっても子供に感染するだけだし、どっしり構えていこうと思います。
小学校へ上がることよりも、「児童会室ってすんごいたくさんおやつがもらえるんやろう?!」と食い気満々の楽助。
そうだよ、チョコレートも出るんだぞ。(本当に出るそうです)
何よりもそれが一番楽しみ、みたいです・・・。

保育園生活も後1ヶ月。
目一杯満喫して、小学生になるんだぞ(^^)




Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。