ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉一つが命取り

昨日、急を要する様な勢いでご予約のご連絡がありました。
初めてご来店される方だったのですが、ご年配の男性の方。
お話を伺っていると、奥様の代わりに連絡を入れて下さっていました。

ご紹介での連絡だったのですが、ご紹介していただいた方は1度体験を受けられた方の様です。昨日ご連絡いただいた方も実は「名前は知らない」との事。それでもお電話下さるなんて、感謝感謝です。


奥様の症状をうかがっていると、その話の中で「○○が治ると聞いた」と言う話が出てきました。
「治る」と言う言葉は要注意です。


毎回、初めて来られる方には、サロン・楽は

①病院ではない事
②医者の勉強をした訳ではないこと
③必ず今抱えている「病気」なり「悩み」が「治る」場所ではない


と言う事をお伝えしています。
技術をする側と受ける側との、そして技術への「相性もある」と言うことも重ねてお伝えします。だからと言って、手を抜くのではなく、良い方向へ少しでも向かうように努力は惜しまない事も必ず伝えます。サロンを教えてくださる話は、人から人への伝言ゲーム的なもの。
どうしても、体験を受けた方の主観が入り込みすぎたり、聞く側の「期待感」が強すぎたりすると、どうしても「治るんだ」と言う思い込みが強くなってしまいます。病気を治したいと思う気持ちはあって当然。でも、サロン側から「絶対に治します」「良くなりますよ」とは決して言えません(言ってはいけません!!)

サロンは病院ではありません。
冷たい言い方なのかもしれませんが、病院へ行った方が良いのでは?と思われる場合は、「先に病院の方へ行かれた方が良いと思います」とお伝えしています。楽にしてみたら、ご来店=売上増となるのですが、お客様にしてみれば、切実そのもの。極論になるのかもしれませんが、病院に行っておけば、発見できる病気もあるかもしれないのです。

今回もわらにもすがるお気持ちがひしひしと伝わって来るお声。
取り急ぎ予約枠を取り、ご主人も施術にご同行頂く事にしました。
お互いに、安心して技術を受ける事が大切だと思ったからです。
「こんなことをしたよ」と後で報告を受けるよりも、実際に見た方が早いと思ったからです。


たかが言葉一つ、されど言葉一つです。
特に電話の頼りは声のみ。言った・言わないになるのも、お互いに辛いものでもあります。極力お互いに「そういうつもりではなかった」と言う状況にならない様にしたいなーと思いました。
小さな事なのかもしれませんが、とても大切なことですよね。


















スポンサーサイト

いつか来るとは思っていたものの・・・

我が家にはいわゆる今はやりの「ポータブルゲーム機」と言うものはありません。あっても、せいぜい1個2000円もしない数独Ⅱと言う、ナンバーズクロスワードパズル程度。これは私の究極の時間つぶし用に今年のお正月に、衝動買いしたもの。


ゲーム機を子供に与えない理由としては、夫婦揃って意見が揃っています。たぶん、どちらかが「別にいいんじゃない?」と言う意見があればとっくの昔にDSは購入していたと思う。

ゲーム機が一つもない、と言う訳ではなく、旦那が社会人になってから購入した(らしき)プレステがある。とても初期のものらしく、たまに中古ソフト屋に行っても、それに当てはまるソフトはあまり品揃えがよくない。行くと楽助も「欲しい」となるので、当然足は遠のく。そして情報に疎くなる・・・と言うサイクルに陥ってます。

保育園に通っていると、保育園と家との往復で平日は過ぎてゆく。特別なことがないかぎり、お互いの自宅を行き来することもない。たまの休日に「遊びに来る?」なんて事があっても我が家にはDSがないから、誰も持ってこない、と言うことが多かった。


が、8月最終土日だった25日から今日にかけて、京都にある厚生年金の宿に保育園の3家族で出かけてきました。
我が家以外に2家族。♂2人・♀1人ファミリーあわせて2家族。
一人1台ずつ、DS持参でした。
当然、楽助は持っておらず彼らから借りては遊ぶという事を繰り返しておりました。

まぁ、それはそれなりに楽しんでいた様なのですが、支配欲が強い子供です。「これ、私の」「これ俺の」。

いつかはそういう状況は来る、とは思っていた(当分ゲーム機は買わない方向で考えていた)のですが、目の当たりにすると、やはり長い間ゲーム機なしで、小学校生活をすごす事はいくら学童に通うから、とは言え必要になってくるんだろうなーと痛感しました。
当然、帰宅後楽助は口をあければ「DS買ってー」「DSって知ってる?」などとゲームの事ばかり言っております。


基本、楽も旦那も「○○君が持っているから僕も買って」とか「○○さん宅がこれを買ったらしいから、買ってあげようよ」と言うおもちゃの買い方・考え方はありません。よそはよそ、我が家は我が家です。
しかも、子供が「欲しい」といった一言で、「はい、そうですか」でプレゼントする訳には行きません。お金の大切さ、物の大切さも教えて行かねば、いずれ「車買って」と安易に言う子供になってしまいます(極論ですが・・・)。


でも、どうやらDSと言うゲーム機は一つの「コミュニケーションツール」として現代小学生の間では、かなり確立されている様です。

特に、男の子の場合は顕著だそうな(情報源・11歳姪っ子)。

姪っ子いわく「女の子ってやさしいからDSとか持ってへんくても、折り紙したり、お手紙のやりとりしたり、ただ会ってお話するだけでも、楽しいから一緒に遊ぶねん」とのこと。


でも、男子(←あぁ、懐かしい響き!)は「DSがないと、一緒に遊ぶという事もない」と言う。




うーむ。
これこそ、ジレンマの発生。


さて、家族会議(まずは楽助抜きで)をして親としてどういう方向性でゲーム機対策に立ち向かうか決意せねばなりませんね。

















ぶつ・・・?

実は週の頭、楽助と二人彦根まで遠出してきました。
翌日に滋賀サロンでのご予約があり、それに同行させての遠出。

実は現在彦根城では、築城400年の記念イベントが開催されており、そのイベントの一つとして、レゴで作る世界遺産展があるのだ。
レゴに思いっきりはまっている楽助と夏の思い出を作るにはちょうど良い、と言うことで行ってきました。


当日は朝から名神高速道路の米原JCTでトラックの横転事故があって、なんと下車予定の彦根ICを越えてまで渋滞が!事故渋滞だと影響は大きいなぁ・・・と、一つ手前の栗東ICで下車。
カーナビの到着予定時間では、11時を回って到着する勢い。

と言う訳で、渋滞を避ける形で見つけたコンビニに二人で入りました。

店内で、お茶とパンを購入。楽助が食べたい、と言うパンも購入。



再び車内へ戻り、二人で食べ始めました。


最近楽助はドラえもんも驚き!と言うくらい、あんこに夢中。男であんこ・・・?大体食べ物の趣味がおっさん化しているので、まぁ、わからないでもないのですが、毎日あんこ・餡子・アンコ。

「かっかー、このあんこ、おいしーわー」

もぐもぐもぐ


そうか、味わって食べて。


「あんこ、何入ってるんやろう・・・?」


と包み紙を拾い、目をこじ開けて読む楽助。




















「へぇ~。ぶつあんやって!そうかー、ぶつあんか・・・」



















楽助。
それはつぶあんだ。
















以後、あんこは全てぶつぶつに見える、楽でした。





生き残る意味
お盆前、中学の時の友人Kからメールが入りました。彼とはじき付き合いが20年を越えようとしている。卒業してからもまめに連絡をとっている唯一の男友達。メールアドレスを知ったのも、実は7月頭に彼の方から「この電話番号生きてるかなーと思って」という声。確かに。こうして生の声を聞くのは、実に3~4年振りのことかも。
通話時間は5分程でした。確か日曜だったはず。旦那はテレビを見ていて、楽助は睡眠中。私は台所の後片付けをしていたかな。夜9時前後。

長年付き合っていた彼女とようやく結婚して、月末にはJr.が生まれる、と嬉しそうに話していた。元来理論的なKのJr.誕生を喜ぶその声を聞いていて、嬉しい気持ちがこっちにまで伝わってきた。そのタイミングでアドレスを交換したんだっけ…。

特別こまめに連絡を取り合う必要もなかったし、私の中では普通に時間がすぎて行きました。

そしてお盆前の昼下がり。Kから突然メールが来ました。ちょっとばたばたしてて、メールの返事もしなくてごめん。という内容。詳細はブログで、とアドレスが転記されていました。

きっと見る側の目尻を垂れさせる程の馬鹿父っぷりを書き綴ったものだろう、とアドレスをたどると、予想外の文字が並んでいました。

嫁が亡くなり、Jr.も羊水を大量に飲み、まだ検査入院中で…


彼の苦悩は相当なものです。そして今もなお、そしてこれからも続いてゆくのです。

私のあの悪夢から6年。正直、こんな身近で同じ事が起きる事自体信じられない。
7月の頭になぜKが私に電話をかけてきたのかも、今になればわかる気がする。私はあの時、同じ状況になりかけて、生き残りました。でも、Kの奥さんは、天国へ逝ってしまった。


私に出来る事は生き残ったものとして、伝える事かも知れない。


私も後悔の念がある。
もし最初の電話の際に「実はね、私は子癇と言うのを起こしてね・・・」と一声かけていたら、Kは注意深く奥さんの事を観察できていたかもしれない。今の状況を避けられていたのかもしれない。
でも、初産の方に「こういう事があるかもしれないから注意してね」と言う「こういう事」は非常に重たすぎて、この6年、妊婦さんには禁句、と楽の中で封印していた事でもある。特に妊婦さんには。何事も無い人もいるのだ。でも、何事かある人も中にはいる。


「もし~れば」「もし~していたら」を言い出したらきりがない。この思いは何よりも誰よりもKが一番思っているだろうから。





時々、本当は私はこの世に存在していなくて、旦那が一人で楽助を育てている世界が別にあるのではないんだろうか?と思うことがある。Kを遠くだけれども、見ていると、その世界に存在する旦那の姿と同じものでなんじゃないかな?と感じる。

「覚悟してください」と言われた旦那。

同じ事を言われたK。

「タバコをやめるので、嫁の命は助けてください」と祈った旦那。

タバコをやめたK。

助かったと思った後、3週間でタバコを再開した旦那(私の命の重さはタバコ3週間分か?!とずいぶん詰め寄った記憶があるな・・・)。


あの悪夢の日から6年も経過してもなお、母親が亡くなる出産事故がなくならない事に非常に悲しみを感じる。








今週末、KのJr.YJ君は退院し、彼の実家に行く。しばらくはKの心の葛藤応えたい。私に出来る事なんて小さなものだと思う。でも、動かなかったら小さな事も生まれない。生き残った私だから、出来る事はかならずある、と信じたい。


YJ君の事を綴ったブログはこちら

どうぞ、皆さんの言霊で彼を前へ前へと導く力をお貸し下さい。
お願いします。



追伸・とても感受性の強いKです。負った心の傷もまだ癒えぬ時期です。荒らし的な発言等は控えてくださるよう心からお願い申し上げます。



楽こと  藤井陽子




新しいチラシが出来上がりました。

えっと。

ずいぶん仕事の話をしていなかったので、ここいらで仕事の話を一つ。


今思えば「そういう事ってサロンを立ち上げる前にやるんじゃないの?!」って事をほとんど楽はしていませんでした。

たとえばホームページの作成。
これはサロンをオープンしてからせっせと自分で作成して1年位は自分で手入れをしていました。が、現在は知り合いの方にお願いして、予約状況とかは常に新しい情報になるように更新してもらっています。もうその時間が自分では確保できなくなってきたから。

それくらい、予約に家事にと日々が慌しくなってきてくれたから。
立ち上げ当初に比べれば嬉しい話ですね。


お客様にわかりやすいチラシを作成したのも、ちょうどその時期。ホームページを作る傍らでチラシも作った記憶がある。

チラシと言ってもはがき大のもの。はがきは台紙がしっかりしている事と、小さいバックとかに入れることが出来るので手軽さがちょうど良かった。そのチラシ、一気に100枚とか自分で印刷していたのですが、画質のよさとか、こまめに印刷をする手間とか(インク切れだの、用紙切れだの、拘束時間がやたら長い!)考えると1000枚単位で一気に注文した方が効率が良い状況と判断!

この度、自分で作ったチラシをリニューアルすることに決定。印刷に付き合う時間が無いくらいですから、当然リニューアル作業は他の方へ依頼しました。今回は、同じ滋賀のオーナー会に所属されている方で、デザインを幅広くされている方がいらっしゃるので、その方に依頼。

本日、無事に納品されました。

が、250枚の四隅が折れている・・・。
これは使えないぞ。

早速デザイナーの方に連絡。
追加納品なのか、代金返金なのかは明日以降に連絡があるでしょう。


この葉書を持って、お客様が楽の敷居をまたぐ日が楽しみです。案外皆さん大切にお持ち頂いているのが嬉しいんですよね。
配りまくるぞー。








宮島珍道中

8月16日、かねてから予定していた旦那の実家・山口からの帰路、寄り道をして広島の宮島へ立ち寄る事にしました。
朝8時過ぎ、無事に実家を出発。次に帰るのは年末になるから、約4ヶ月ほどじーじ・ばーばとは会えない事になる。

名残惜しいさよならをした後、1時間ほどで宮島に到着。途中、トラックの自損事故でかなりの渋滞を予測していた(トラック1台の事故になんとパトカーが5台も来ていたことに驚き)のですが、すんなり通過。フェリー乗り場近くの駐車場に車を停めて、いざフェリーへ!

考えたら、この手の船に乗るのが楽助は初めて。
(USJとかのアトラクション系の船には乗ったことがある)
船はJRと他の汽船会社の2社で運営されており、15分おきの運行で割りと待たずして宮島入りすることが出来ました。
船内は色んな国からこられている外国人観光客でわんさか。色んな言葉が飛び交っていてとても面白かった。

9時半過ぎには厳島神社へ入っていたのですが、すでにかなり暑い。
でも楽助は至るところにいる「鹿」を見て大興奮!
奈良観光の時もそうだったのですが、鹿を見る度に立ち止まっては「かわいいねぇ~」と背中をなでなで、頭をなでなで。
5メートル進むのに、どんだけ時間かけるねん!

20分ほどで神社内観光を終え、街中を散策。

事前チェックしていたお好み焼き屋「くらわんか」にてお好み焼きを食べる。

街中を散策中に、通信杓子と言うものを発見。観光記念に、姪っ子・甥っ子・旦那の実家の3件に送るためのコメントをお好み焼き屋内で楽助が書きました。杓子が200円、定形外郵便代120円で郵送可能で、今日の夕方には旦那の実家に到着したらしいので、絵葉書よりもインパクトがかなりあるので、宮島に来た際には是非是非出してみるのも手だと思う。

お店のHPはこちら→http://www.momiji-yamadaya.co.jp/

焼き方を見ていると、たいやきを手焼きする鉄の入れ物と同じ原理で、たい焼きの形の変わりにもみじの形になっているくぼみが二つあった。まずは空焼き。これが結構時間がかかる様子。何度も水を落とし火の通りをチェックしていて、ようやく焼きの工程に。生地を引き、あんを入れ、その上にまた生地を乗せてもみじの形をした入れ物の蓋をする形で片面ずつ手早く焼く。

何度かくるくるひっくり返した後、完成。
ほっくほくのもみじまんじゅうが完成!

2個で160円。

食べてみると、本当に外はさっくさく!中はふんわり!

今まで沢山もみじまんじゅうを購入して帰ったのですが、あんなにおいしいもみじまんじゅうを食べたのは初めてでした!!!
これはおススメですよぉ~!
でも、焼き手の人がいないと「準備中」の札が出るようなので、時間帯には要注意です。焼きの時間もかなりかかるので、時間には余裕を持って行きましょう(^^)

宮島では、あなご飯も有名らしく、長くかかるであろう高速道路の渋滞を予測して、1個1500円のあなご弁当を購入してから船に乗りました。


高速道路に再び乗り、大阪へ。
案の定、宝塚トンネル前で衝突事故があり(フィットとビッツの事故だった)約20キロの渋滞。
12時半に広島を出て自宅に到着したのが18時半過ぎだったので、かなり時間はかかりました。



私は宮島に行くのが初めてだったので、とても新鮮でした!
お正月にまた行ってもいいかなーと思っています。
楽助がもう少し大きくなったら、広島ドームへ行き戦争のこと・平和のことについても、共に勉強して行きたいと思っています。



で、今回の帰省で掲げた目標の達成度!

①海水浴

 ☆2回行く。私は入らず。旦那&楽助のあせもも不思議なくらい治まっているぞ。恐るべし・海水!

②義弟のイタ飯屋へ行く

 ☆宮島へ行く前日に行ってきました。お盆中に空いているお店があるのが珍しいのか、かなりの来客でにぎわっていました。でもおいしかった!

③キャンプ1泊

 ☆13日夜から1泊。今思えば一番涼しい夜だったので、出来たか?!翌日から、かなり暑い夜がつづいていたのであせも持ちの楽助には他の日では厳しかったかも。


④楽助のバイオリンセッション(親戚の子がバイオリンを始めたのだ)

 ☆親戚の子(♀・中1)がしっかりバイオリン持参でたずねてきてくれたので、きらきら星の曲をセッション出来ました。6年間ピアノをやっていたらしく、音程がほぼずれずに、バイオリンを始めて3ヶ月であそこまで弾ける事に感激しました。次回は年末にまたセッションをしよう!と決めました。


⑤山口からの帰路、宮島観光+広島お好み焼きを食べる

 ☆上記報告の通りたべました。広島まで出向いてお好み焼きを食べる、と言うのは時間的に不可能だったので、次回は広島に1泊してもいいかも?と思案中。味がいまいちなお店だったのが残念!





と言う訳で、明日から通常営業に戻ります。
しっかり休養出来ました。年末までラストスパートかけます!


帰ります
長い夏休みも終わりに近づいております。旦那の実家滞在は今朝で終了。今から宮島に向かい、お好み焼きを食べて大阪に帰ります。
帰阪したら旦那がまず出勤。楽は土曜~ご予約。

さてはて、宮島珍道中が楽しみです♪

勝負の世界は厳しいのだ!
7月29日に6歳になった楽助。
私たち親からは、レゴブロックをプレゼント。
山口に住む、じーじ&ばーばからはこの帰省の際に買ってもらう事になっていました。

先週、姪っ子の家に行くまではレゴブロックの恐竜セットがいい!と言っていたのですが、姪っ子宅で野球盤を見てやらせてもらってから、もうそれ一色。
じーじ宅近くのジャスコには野球盤DXが売ってなくて、目先にある他のゲームに目移りしたのですが、本日広島まで出向いて野球盤DXを無事購入する事が出来ました。

野球盤DX



空箱を立てて撮影してみました。
で、箱の上辺り、よーくみて下さい。
何故か、ガムテープが・・・。

少し目を離した隙に、違う場所から中身を無理やり出そうとした楽助、収納に必要になってくる箱を破り開けてしまい、家族一同から怒られる始末。途中で私が気づいて止めたのですが、時すでに遅し・・・。箱上部はぼろぼろになってしまいました。


気を取り直してはじめたゲーム。
ルールを守れない楽助。
とうとう、泣き出してしまいました。


勝負の世界は厳しいのだ!勝ち負けで負けて泣くんじゃない!


最初父ちゃんとやっていたのですが、あまりにも「自分に不利な状況になると泣く楽助」に旦那が怒り、現在じーじと対戦中。


楽助VSじーじ




しかも、鼻水じゅるじゅる言わせながら・・・。
先週姪っ子とやった時にも、自分に不利な状況になるとやり直しを強いていたんでしょう、きっと(すまない、姪っ子)。
さて、大阪に帰ったら楽VS楽助の対戦が繰り広げられます。

徹底的に負かせて、勝負の世界の厳しさを叩き込んでやります!

泣くんじゃないぞ、楽助!


焦げてゆきます。

山口滞在三日目。
日に日に、楽助が「焦げて」ゆきます。

到着日翌日夕方は海でこんがり。
その翌日は昼からキャンプでこんがり。
翌朝も朝っぱらからキャンプ場でこんがり→海水浴で更にこんがり。

本日6時半から、波止場でこんがり。

午後は買い物でこんがり、の予定。

明日は宮島・広島でこんがり、の予定。



いったいどこまで焼けるつもりだ?楽助。




炎症を起こしていた首周りの皮膚も、海に連日入るとかゆみは穏やかになるらしい。関節周り(腕・ひざ裏)のあせもはほぼ完治。その代わり、だんなの関節には大量のあせも。

こちらでもクーラーなしでは眠れない夜がとうとうやってきました。灼熱地獄の大阪に帰るのが恐ろしい・・・!



まずは海へ!

昨夜半三時過ぎに無事、山口の実家に到着。

夕方、皮膚炎を患っている楽助の皮膚を洗浄する意味も込めて、海へ。


200708121723000.jpg




明日もおそらく朝から海。
午後はおやつ時から、オートキャンプ場へ1泊。
キャンプの達人・じーじと、じーじに仕込まれた父ちゃんとしっかりキャンプしてきまーす(^^)でも、そこはオートキャンプ場。なんと電源があるので、夜はホットプレートを持ち込み、焼きそばの予定。翌朝はパエリア?!


お盆休みを頂戴いたします

土曜日のご予約も無事終了。
旦那は今日も出勤(金曜日からお盆休みと言うのに・・・)。
楽助はとびひの影響で火曜日からお休み続行中。

と言うわけで、今夜からサロン・楽はお盆休みを頂戴いたします!

しっかり旦那の実家で嫁してきまーす(^^)

今年の帰省の際の目標。

①海水浴
②義弟のイタ飯屋へ行く
③キャンプ1泊
④楽助のバイオリンセッション(親戚の子がバイオリンを始めたのだ)
⑤山口からの帰路、宮島観光+広島お好み焼きを食べる

お天気はよさげ。
日焼け止めだけしっかり塗らねばなりませんね。
たっぷり休養してきます!



待ち合わせ
昨日は同期となんばパークスへ楽助も一緒に行く事になりました。

待ち合わせは10時半。朝は楽助の定期的な歯科検診の日でもあったしそこから皮膚科に行き、登園許可称をもらって保育園につれてゆくのは難しいと判断。初の長時間楽助同伴の友人と外で会う、と言う初体験をしてきました。

同じ沿線に住む同期とは、電車内で待ち合わせ。

その事を楽助に伝えると「おれな、まちあわせってしたことあらへん!」と言う。

ほほぉ~。ま、これから沢山するから心配せんでええって☆

乗りあう車両が行き違いになって結局京橋駅で人がはけた辺りで無事に合流でき、楽助も「よかったぁ~、Cちゃん(同期)と会えてー」の一言。どないや?!初体験の待ち合わせは?!




お昼を食べた後、館内をぶらぶらしていると、ぶらぶらしすぎた楽助が前をよく見て歩いていなかったのが原因で、防火扉におでこをぶつけるという曲芸をやってみせた。みるみる強打したおでこには「たんこぶ」が・・・。あせったのは同期のCちゃん。

「腫れてきたで!!!どうする?!」なんてあわてっぷり。
大丈夫やって。と、冷たいジュースしか冷やすものがなかったので10分ほど冷やすと楽助も気持ちが切り替えられたのか、復活。同期のCちゃんいわく「あおたん(打ち身のこと)はよくあるけど、たんこぶを見たのって10年ぶりくらいかも」。同期のCちゃんにとっても、新鮮だったようです(たんこぶが?!)。

夜は違うお友達と会う予定になっていたCちゃんとは夕方5時にはお別れ。せっかく難波まで出てきているし、と堺に住む姉宅で夜ご飯をよばれることになり、堺まで移動。2年ぶりくらいに行く姉宅に、楽助は記憶がまったくなくなっていた様で、「ここ?ここでええのん?」と何度も確認してくる。先に玄関先へ行きチャイムを押した楽助に「あ!楽助!ここ、ちゃうで!部屋間違えているで!」と言うと、走って逃げる始末。ピンポンダッシュか?!


野菜カレーを食べて、大きなケーキを食べて、2時間ほどでお暇(早!)。帰路の途中、飲み会で帰るという旦那とまたまた電車で「待ち合わせ」をして、10時前の少々遅い帰宅となりました。

今年の夏はたっぷり楽助と遊ぶ8月になりそうです。
来年からは小学生!勉強にプールに遊びに、ますます幅を広げてゆく子供の世界に私がついてゆけるんだろうか・・・?!
明日は高校・バスケ部の子宅にこちらもまたまた同行。楽しみです。







とびひ

情熱大陸スペシャルライブから数日が経過。
楽もだんなも普段通りの生活に戻りました。

が、戻らないのが楽助。
月曜日、保育園から帰宅するとあせもの部位が一気に悪化。
保育園で入ったプール(塩素入りが皮膚にきつかったのか?)で一気にあせもが悪化し、かきむしったためにとびひを発症。
うーん、あまりよくないなぁ・・・。

疲れもあるだろうし、と昨日は1日お休みさせて皮膚科へ。金曜日までの薬を頂き、帰宅。1日中二人でまったり過ごしました。

で、本日。
新卒で入った会社の同期会が開催される予定だったのですが、集まるご自宅のお子ちゃま&同期がなんと、マイコプラズマ肺炎を発症!なくなく中止に。結局楽の自宅近所に住む同期と「暇やし会おうかー」と言う事で、楽助は保育園へ行かせる予定でした。


そう、でした。



でも、どうも気になりいろいろ調べてみると、とびひって登園許可がいるんやん!昨日の皮膚科には、普段着で行ったため、世の中は夏休み中と言うこともあり、先生は登園については何も言わなかった(楽も聞かなかったしなー)。
うーむ、仕方あるまい。ミナミへ繰り出そうと同期と段取りしているので、それに同伴させるか、行き先は我が家にするか・・・・?

楽助はこのままお盆休みに突入。同期も楽助も
早くよくなりますように・・・。


皆様も暑い日が続きます。予想以上に免疫力が落ちていて「こんな病気にかかるの?!」と言う状態にもなる事があります。
早い目早い目に、体を休めてあげましょうね(^^)
楽も気をつけまーす。










情熱大陸スペシャルライブ2007
とうとうこの日がやってきました!


情熱大陸スペシャルライブ2007!

初めてTVでバイオリンを演奏する葉加瀬太郎さんを見た楽助が「ぼくもやりたい!」と言ったのが2年前の情熱大陸スペシャルライブの映像でした。

それから2年。

楽助を伴い、家族3人で生演奏を聴きに行くことがようやく出来ました!


8月4日 土曜日。
外は台風の余波で少々雲行きが怪しい中での開催だったのですが、1滴も雨は降ることはありませんでした。

コンサートはお昼13時半少し過ぎから始まり、葉加瀬太郎さんがいろんなアーティストの方とセッション。肉眼で見える葉加瀬さんに、楽助はもっと興奮するかと思いきや、さほど興奮せず。結局最後の葉加瀬さんの演奏になるまで、ぐずぐず言う始末。

出てきたアーティストの中で感動したのが、夏川りみさんと、秋川雅史さん。秋川さんはあの「千の風になって」を歌っているテノール歌手。いろんなアーティストの方が当然歌を披露したのですが、秋川さんの声量に勝るものはありませんでした。りんご追分をアレンジしたものを歌ったり、もちろん、あの「千の風」も歌われました。びっくりしたのは、秋川さんが「千の風になって」を歌い始めると、会場にそれまで拭いていなかった風が吹いたんです。それまでただただ暑いだけの会場に、何かが通り過ぎる様な風。歌われる秋川さんのマイクに風の音がゴーゴーと入るほど。あの歌にはすごい力があるんだなーと思わず涙してしまいました。

その後、葉加瀬太郎さんととても仲の良い佐藤竹善さん(SING LIKE TALKING)とのセッションの際にも強い風が。CMで使われているAMAZING GRACEを歌っている最中にもものすごい風!!葉加瀬さんのバイオリンの音色もさることながら、竹善さんの声に何かが降りてきた感じがしました。相変わらず、ライブ前日は葉加瀬さんとこのライブに出ていた夏川りみさんと、夜更けまで飲んでいたみたいですし。生まれ変わったら細い人間に生まれ変わりたいなんて言って笑いを取っていました。

楽助は途中ぐずぐず言う場面もあったのですが、夕暮れ時に太郎さんの演奏が始まる!とわかると、気分一転。旦那に肩車され(何でもありですから、このライブ)更にヒートアップ!ギターリストのすごく有名なおじ様もこられていた様ですが、名前は忘れてしまいました(ごめんなさい)しかも、最終演奏曲でもある、「情熱大陸」。この演奏になる前に、葉加瀬さんから「スペシャルゲストをお呼びしました」のアナウンス。なんと!!!


古澤巌さんが登場!!!
きゃぁ~!!!!!!
やったぁ~!!!!!

もう、最高!の一言。葉加瀬さん一人のバイオリンとはまた違った音色を放つ古澤さんのバイオリン。どっちが100点と言う訳ではなく、二人の音色が重なって奏でる音がもう最高でした。思わず、涙涙涙・・・。



最後まで会場にいると退場に時間がかかって大変だ・・・と思っていたのですが、これは最後まで残っていて正解でした。その後、仮設トイレ後ろから急いで出て、駐車場へ。退場する車で込み合う前だったので急いで駐車場から出て、すぐに自宅へ向かいました。高速も込むことなく40分少々。夜ご飯は、自宅モール前でお好み焼きを食べて9時過ぎには帰宅。長い長い1日が終わりました。



来年は小学生になる楽助。唯一、未就学児である楽助が行けるコンサートだった情熱大陸。来年からはもし本人が「コンサートに行きたい」と言えば、葉加瀬さんのコンサートツアーに一緒に行きたいと思います。いつまでバイオリンを習っていたい、って言うかはわかりませんが、本人の熱意があるうちは付き合いたいと思います!


あーーーー!楽しかった!!!







しっかり仕事!

例年、ガラガラになる8月。
去年は月の予約の波が狂ったのか、異様に忙しい月になりました。
今年はどうなるんだろう、と予想しながら日々の予約状況を見ているのですが、去年ほどの多忙さはなさそうな「雰囲気」ではあります。後半はどうなるか不明ですが・・・。

昨日は楽助と一緒に出歩き、明日は待望の情熱大陸
続々と登場アーティストが関西のラジオやTVに出演しまくっているのですが、台風の影響で当日朝にしか開催かどうかが決定しない様ですね。

うーむ、楽助は去年熱中症で参加できなかっただけに、今年はどうしても連れて行って生の演奏を聞かせてやりたいんだけどなー。
持参するお茶とか、飲み物とか大量に準備しているのに、なくなったらどうする?!やっぱり1泊のキャンプに行くか?!(今度は蟻なしで)



家族で過ごすイベント尽くしですが、平日はそれなりにご予約をこなしております。予約の連絡って不思議ーなもので、忘れかけた頃に「まだお店ありますか?」的な連絡が入ったりします。

「まだやってますよー」って言うと、連絡を頂いたお客様の身近なエステサロンだったりマッサージ店が、続々と閉店したのを見て不安になって連絡を・・・と言う内容。まぁ、きかっけでご予約いただけるのでありがたい限りなんですけどね。それにしても、沢山この手のお店ってオープンしているのに、やはり閉店する勢いも加速気味?なんでしょうね。競合している訳ではありませんが、やはり競合他社のことは非常に気になりますね。


来週は、去年6月にウェディングエステでご来店された方。1年経過して、なんと1児の母になって再度ご来店。産後1ヶ月少々でのご来店なので、おっぱいが沢山出るようになるでしょうねー。
軽くなってご帰宅して頂きたいと思います。
こういうお客様との「時間経過」を楽しみながら、5年目6年目につなげて行きたいと思います。

やるぞー!














オーサカキング

今日は楽助は保育園をお休み。
楽と仕事の休みを合わせて、朝からオーサカキングと言うイベントに行ってきました。関西在住の方なら、ご存知なのですが放送局が開催している食あり・遊びあり・コンサートありのイベント。関連会社にお勤めの方がサロンに沢山来て頂いているのもあったのですが、夏らしいイベントを楽助と二人でしたかったので、ちょうど良いタイミングで行くことが出来ました。

台風が九州地方に接近している影響もあり、雲行きは少々怪しい感じでしたが、強い日差しが照りつける事もさほどなく、風もそれなりにふいていて、普段、日中で過ごす事が多い楽でもたいして体が辛い事もありませんでした。


サロンにこられているお客様へ行く旨も事前告知していなかったし、現地で誰にも会うことはなかったのですが、楽助はかなり楽しかったらしく「来年も行きたい」そうな。


開催場所が大阪城公園だったこともあり、大阪城入り口まで歩いて行きました(これが一番暑かった・・・)。今回は大阪城には入らなかったのですが、また日を改めて楽助と訪れたいと思います。でも、一城の主気分はかなり味わえた様です。
































ひでよし















馬鹿殿・・・?






Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。