ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一旦停止だろが!

事件は昨日、起きました。

楽助が通う保育園の前の道路は、朝7時~9時までは通学路のため許可を受けた車しか通行できないことになっています。
なので、夕方通る道とは違う道路を使い、自宅からは少々遠回りになるのですが、そちらの道を使うようにしています。

楽助にも「なんでこっちからぁ~?!」なんて聞かれることが多かったのですが、「お約束やねん。守らないと警察に捕まるねんでぇ~」と言うと妙に納得したり。子供って警察とか「決まり」って言葉で納得するから不思議。理不尽なことでも「警察が言うから、しゃーないねん」で納得。いつになったらその事に気づくんだろうか?!


で、遠回りになる道を毎朝通るわけなのですが、他の込む道路からの抜け道にもなっていて、道路わきの小さな道からバイクやら自転車やらが一旦停止の標識を無視してガンガン入ってきたりします。楽が通る道が一応優先道路。わき道から出てくるにはやはり一旦停止が原則。

そんな昨日、朝。

予測はしていたのですが、原付が右側道路わきから一旦停止標識を無視して突出してきました。
当然、「おりゃぁ~!」と言う叫び声と同時にブレーキ&長い長いクラクション。思いっきりにらみを利かせてアクセルを踏み始めると、どーーーーーも見たことがある姿。





「あ、保育園の先生や」













そうです、超身内です。
今から楽助を行かせようとしている保育園の、下のクラスの担任の先生でした。バイク通勤は許可されているだろうから、別に文句は言いません。でも、守るべき交通ルールは守らねばあかんやろう!

保育園に到着後、先生が駐輪する前に楽が車を停車。
つーーーーっと窓を開けて一言。
「先生、あそこは絶対に一旦停止してください。100%原付が悪くても、車に乗ってる私の過失になるんですから。きっと毎日あそこでは一旦停止していないでしょう。ダメですよ」

全然一言やないか?!
でも。
それくらい言っておかないと、人間「しまった!明日からはやらない!」と言う気持にはなりません。
しかも、その先生、以前にもウィンカーを出さずに突然曲がったり(びっくりするがな)、一旦停止を無視する姿をたびたび見ていた楽です。

完全なる常習犯。

事故るなら、単独事故で過失なし

頼むから、一人で勝手に事故ってね。
私の車に突っ込んでこないでおくんなまし。

















夕方、お迎えに行くと担任の先生から「楽さーん、今日事故にあいかけたそうですねー」と言われて一体何の事を言っているのかわかりませんでした。
どうやら楽助の担任の先生に「今日、楽助君のママに怒られてしまいました」と報告していた様子。
そして担任の先生。
「○○先生(原付乗車の先生)に、楽助君のママは小さいことを言うお母さんじゃないから大丈夫よーって言っておきました。」と・・・?

あぁ~、確かにねー。
「小さいことは言いませんが、次やってるの見たらグーでパンチしますよ」




担任の先生の顔が引きつっていたのは、言うまでもありません。



ったく。
一旦停止は一旦止まる。
守ろうね、先生。











スポンサーサイト

創部50周年

楽が通っていた高校。
所属していたバスケ部。
今の仕事を選ぶ原点は、バスケ部のマネージャーにあります。
そういう意味でも、バスケ部の同級生ともちょくちょく会ってまして・・・。実は今日も、プチ同窓会状態。大人5人、子供4人が一部屋に集合。結構誰かのうちに、メンツは変わるもののあっているんですよ。割と卒業しても、就職しても、結婚しても、子供が生まれても、仕事をしていても集合癖はありますねぇ~。

今日集まることは、少し前に決まっていたのですが、それより後に連絡があったのが、この創部50周年を祝う全学年合同同窓会を開催する、と言うもの。
現顧問が中心となり、各学年に連絡をしたようです。
現顧問は、ここ15~20年くらいしか顧問をしていない(普通なら長い?!)ので、それ以上の学年の方には現在同短大で指導をしている元顧問にお願いしたんだろうか・・・?

それでも、各学年に担当を作っても50人?!
楽の代で部員20名(下が12名、もう一つ下が20名なので、一時50名近い部員をまとめていた時があるぞ)なのでそれ以上多いのか?!
来月第2日曜日に、思い出が沢山詰まっている高校の体育館に集合する事になっています。
まずは、秋口に開催予定している合同同窓会のための準備会。「手伝ってくれる人は集合」といわれたのですが、不思議と楽の代の友人達はやる気があるのかないのか、不明にも関わらず「上から来い」といわれると「出ねばならない」と思うのか、今日集まったみんな全員行く!と言う返事でした。

中にはどーーーーーー見てもやる気があるには思えない子もいるぞ。
しかも、朝10時集合。
「朝早すぎよねー」と言う。
確かに、朝10時に体育館なら、朝9時には家を出ねばならない。
「11時でいいっか?!」


頭っから、遅れる予定かいな!
まぁ、お昼過ぎには解散になるだろうから、その時間くらいで丁度いいのかも。楽も唯一時間制限なしに眠れる日曜日。朝8時には起きねばならないのは少々きつい・・・。
うーむ。でも、上から言われたら行かないわけには行かない。






卒業して16年経過した今でも、上が「走れ」といえば走るだろうな、私。


やっぱり抜けないのか?!体育会系思考。


さて、一体どんな同窓会になるんでしょうねー。
楽しみです。




20070224201804
年末に右手中指の爪をボーリングの玉で強打した楽助。
年明け、東京から帰宅した夕方にみたこともない形に爪が根元から跳ね上がり、大泣き。急遽外科へ行きレントゲン撮影。骨にはまったく異常はなく、ただ爪が生え変わるのを待っていました。
長い間、様子をみていたのですが、知らない間にふるい爪は抜けてなくなっていましたあれだけ大騒ぎしたのに、抜ける時はこんなもんなのか
で、現在半分くらいまで生えてきました。本人もまったく爪がない事に困る感じも見せず、気付いたら生え変わってましたってなもんなんでしょうねー。


若いっていいなぁ

気付いたら
20070223094503
2月は毎年暇なはずなのに、気付いたら手帳に余白なし
ただ今スタバでひとときを満喫中☆
今日の午後から来週土曜まで休みなし
睡眠だけはしっかりとります。

遊んでばかりはいられません
20070223062502
えっと、

滋賀には、楽助のスキーだけをしに行った訳ではごじゃりません。
火曜日朝は、サロンで取り扱っているお化粧品の仕入れ&支払い。当然、楽助同行でお邪魔させていただきました。
3時間ほどお昼を挟み、楽もフェイシャルの技術を受け、楽助がじっと出来て



















いるはずもなく




















散々暴れ倒して3時過ぎにお宅を出て、そこから実家へ移動。
翌日は、宣告通り友人を実家最寄り駅でゲットし、雪山へ!
友人のお子様・Aちゃんは4歳と言う事で、スクールは1時間の個人レッスンとなり、楽助は2人だけと言う前回と同じスキースクールへ入りました。今回はストックなしでしっかりと重心移動してカーブをする、と言う作業を徹底しておりました。
えぇ、当然楽も同行。
どうしても一人でリフトに乗せるのが怖くて。
指導してくださった先生は、もう一人の子と乗っていたのでやっぱり楽助に同行してよかった。
みるみる上達する楽助。
みるみる足がパンパンになる楽。

もうね、
回数券を買った(12回しか乗れない)んですけど、楽にしたら一人6回も乗るの?!って感じです。

翌日にあたる今日、寝ていた3Fから降りようと階段を一歩踏み出したら、足に走る激痛に「今日、仕事できるんかい?!」と不安になりましたよ。









で、今日。
開業初の「技術指導」の日でした。
今回は滋賀でヘッドセラピーの技術を習得したい、と言う経験者(リンパマッサージを岩盤浴店で提供されている方)への指導。
やはり経験者はタオルの使い方や、お客様の体の触り方などはすでにクリア。それでも、初めて触るヘッドの技術に「難しい!」の感想。
確かに、リンパではあまりない手の動きやらタオルの使い方がありますからね。戸惑いもあったのですが、何とか指導終了!


する前は、「大丈夫かな?!ここはどうやって伝えたら・・・?」って思っていたのですが、いざ始まってしまうともう、感想は一つ!




楽しい!







実は、楽がサロンを開いた理由のひとつに「いつか自分を技術してくれる人を育てるため」と言うのもあった。サロンを開いたというか、技術を覚えたのは私の体を触れる人を育てるため、と言うのも理由の一つ。
情報推命学から見ても、どうやらそれがはっきりと出ている様でした。
今日の技術指導を経験して、やっぱり指導するって大変だけど、本当に楽しい!改めて今後の楽の方向性を決めるのに、良い1日となりました。

モデルをやった下さった、滋賀のお客様。本当にありがとう!
技術指導を依頼してくださったお客様、本当にありがとう。
こうしてみんなに支えられながら、サロン・楽は大きくなっていきます。


夕方、無事樟葉に到着。
1泊で研修に出ていた旦那も早々に帰宅して大量の荷物を抱えている楽達を迎えてくれました。
さてと、今夜は色んな作業で半夜なべ・・・?
DVDも借りてるし、一体いつ見るんだ?!





ふぅ~、やっぱり仕事は楽しい!



明日はスキー
2月・8月は予約が落ち着くので、自分の予定を優先していい、と言うルールを作ってます。
長く連絡をとっていない高校時代の友人や、楽助経由で知り合いになったママ友達と逢ったり、懐かしい気持ちになる月でもあります。
当然、友人に逢う約束も遊びに行く約束も今月は目白押し。特に楽助孝行は群を抜いて突出。
明日は12年かけてJTBに入社したTと、4歳になるお嬢の四人でびわこバレイにスキーに行く事になっています。
天気は予報では晴れ!日焼けを注意せねばなりませんね。またまたスクールに入れるのですが、楽め要同行となる。しっかり楽助についていかねば!
頑張りまーす
木曜まで滋賀滞在なのですが、しっかり仕事もこなして帰りますよ来月末から始まるイベント内容もしちかり詰めねばならず、頭が休まる事はなし。4年目ともなるとその状態に慣れてしまい、あまり苦になっていないなぁ。最初は切り替える、と言う事に執着していた様に思います。
どっぷりサロン運営に浸かってますなぁ。

と言う訳で、今夜は早く寝る事にしよーっと。

探してます

7年後にサロンを出すために、自宅近辺ではなく、大阪市内のテナント類を探しております。




今から・・・?






事務所を借りるのか、マンションにするのか、戸建てをリフォームするのか、土地を買って上物を建てるのか・・・。
まぁ、漠然となので「大体の相場」的なものを把握しておく必要があるなーと思って昨日、ぼーっと不動産関連のHPを見ていたんですけどね。


今日のお客様、不動産会社勤務の方が来られてタイムリーすぎるご来店にびっくりしました。
あー、びっくりした。

まぁ、サロン展開は7年後なので具体的なイメージを抱くためにも、地道に情報収集していきたいと思っております。
単なる現実逃避、でもあるんですけどね。




さて。
基本的に何でも出されたものには文句を言わずに食べる楽助。
そういう風に育てているというのもありますが、それに律儀に従っている楽助。
そんな楽助が、「いらない」と言う昨夜のシチュー。

確かに!冷蔵庫の野菜を消費するために、普通は入れないであろう具材がたっぷり入っておりましたよ。

メインは白菜。
サブは人参・水菜・たまねぎ・かぼちゃ。

どうやらサブ具材がおきに召さない様子。
それでも無理やり口に入れてたんですけどね。
今朝、再び朝食にそれを出したら、
「これ、嫌いやねん」と言う。

ほほぉ~、万人受けするシチューが嫌いな訳ないやろう!
と問いただすと、「この黄色いんが嫌やねん」と来た。
よく見てみると、かぼちゃ。







え?









煮付けは好きやん。




「シチューにあるのは、いややねん」

















あ、そう。









実は「これがダメ」といわれたのって初めてなんですよ。
ちょっと嬉しかったりしました。
それに従ってやろうではないか!
生まれて5年、口に入れて出したものでも再び入れれば文句も言わず食べる楽助。文句を言っても「あなたを中心に食卓は回らない」と言う厳しい私の言葉にも、文句一つ言わず野菜直結食卓に付き合ってくれていた楽助。
シチューに入れるかぼちゃがダメなのね。
了解だ!これからは、かぼちゃは入れずにシチューを作ったるわ!







その前に、大量にあるかぼちゃ、消費するために
かぼちゃオンリーのシチュー作っていい?






どこまで鬼なんだ、楽母よ・・・。

大量かぼちゃは、大好きな煮つけにします。
煮付けは大丈夫なんですが、何故シチューにはダメなんだ?





納豆がダメな楽母でした

3カ年計画
ようやくサロン・楽の3カ年計画が出来ました。
メモ用紙にざっと書いたものなのですが、まぁ、こんな感じでいいでしょう、と自分では納得。

売上目標もありますが、経費削減もあり。
エステ・化粧品+α(これはお楽しみ)の三本立てでサロンを盛り上げていく事も決定。
いつまでも体が動く・元気な訳でもないし、好きな技術の仕事を支えるためにも、3本柱が必要かなーと3年間思ってきていたのでそろそろ事業を成り立たせるためにも、決断時かもとも。


まぁ、日々24時間365日、常にサロンの事を考えるようになって、仕事をしていないときの事がほぼ、思い出せなくなってきております。正直、サロンの仕事がなかったら・・・と思うと、やはりかなり悲しい気持にもなりますね。不思議だ。

もう、楽をあらわすものとしてサロンの経営は切って切り離せないモノに確立されましたね。楽助を育て始めて、仕事をしていない日数がしている日数よりも少なくなってしまった。これから長く続く経営と言うものを楽しめるようにもならなくちゃ。


今年の目標。

①仕事を楽しむ
②経費削減+売上達成
③家族+体を大切に






こんなのでいいんだろうか・・・?
でも、ようやく決意できました(遅!)。
明日からしっかり頑張るぞー。




やるではないか!

2月14日。

義両親の結婚記念日でもあります。
楽がご両親の結婚記念日にオープンを合わせたのもあるんですけどね。そうすると、毎年忘れないし。
で、昨日はバレンタインデー。
嬉しい・恥ずかしい・ドキドキのバレンタイン。

今まで女性として生きてきて(当然ですが)、14日ってチョコを渡す方でドキドキとしかしたことはなかったんですけどね。
頂いてきましたよ、楽助。

バイオリンのレッスン日だったので、早々にお迎えに行くとなにやらかばんの中に、直筆の手紙とチョコの包みが・・・!


「あれ?楽助ー、先生から義理チョコ?去年はあめちゃん1個やったのに、今年は大きいのんもらったやん」

と言うと、先生から。


「え?今年は義理チョコしてないですよー」と言う。





おおおおおおお!
本命か?!






楽助に聞くとテレながらも「ゆかこにもらってん」と言う。
ほほぉ~。ゆかこ嬢ですか。
年中になり、随分仲良くしてもらっているママ友達でもある。
ふぅ~ん。


帰宅後、手紙を見せてーと言うと、本人も初めて見る状態だったらしい。一緒に見てみると・・・。












らくすけへ。

またいっしょにあそぼうね。














微妙・・・?
友達、だな、こりゃ。







その後、ママの方にお礼の電話をしました。
「あ、ちゃんと渡せたんやー。自分で誰に渡すか決めてたからねー。結構個数も買ったし

















どうやら大多数の一人だったようです。
でも嬉しげな楽助。
やったな、父は誰からも頂いた事がない学生生活を過ごしていたんだぞ。


だ、誰に似た・・・?









女もドキドキ。
男ももらえるかどうか、ドキドキするものなんですね。
母親としてこれから毎年、一緒にドキドキしたいと思います。



4年目
今年もまた2月14日を迎えることが出来ました。
本当に皆様のおかげだと感謝しております。
ありがとうございます。

2月14日。
サロン・楽がオープンして3歳のお誕生日を迎えることが出来ました。4年目に突入するのです。
オープンした日は土曜日でした。
友人二人に、朝・午後と記念予約として入っていただきました。
翌週からは、一切予約がない状態。
3日目には左足首靭帯損傷の捻挫もする始末で、サロン運営がどうなるんだろう?!と不安以外抱くものはありませんでした。

それでも何とかお客様や家族・友人に励まされ3年も過ぎてしまったのですね。頭で考えるよりやってみろ!と母に言われ続けて、勢いで立ち上げたのですが、何とか生存競争の激しいエステ業界でも生残っていることが出来ています。小さなサロンですが、大手には出来ない細やかな対応を目標に、来年の2月14日を迎えられる様に1年邁進したいと思います。


でもってバレンタイン。
いけない・・・。
旦那の誕生日&クリスマス&バレンタイン兼用プレゼントのマフラーがまだ出来てないではないか!
ひとまず、プレゼントの財布だけ買ってきます。



スキーデビュー・楽助

三連休。
家族揃って、皆がお休みなのは本当に久々。
でもって、私も旦那も5年ぶりになる雪山へ一家揃って出かけました。

楽が毎週のように仕事で通っている滋賀の実家からものの15分位(そんなにもかからないかも?!)にびわこバレイがあります。金曜日夜から実家入りして、朝いそいそと支度をしてびわこバレイに行く予定だったのですが・・・。

当日朝に、すんごい強風。
そう、比叡おろしが吹いたんですよ。
楽の実家もそりゃぁ~、がたがた揺れる位の強風。
明け方5時前後から吹き始め、8時くらいになってもまだ吹いていました。ホームページを見ても朝6時更新された情報ではゴンドラは運休中の表示。直接行って見ねば分からない!とひとまず出かけましたが、案の定ゴンドラは動いておらず、復旧は昼過ぎになると言われて駐車場下で足止めをくらっているスキーヤーの車が大量に。

でも、そこで諦めないのが楽家。
「しゃーない。それなら1時間ほど北に上ればもう一つスキー場があるからそっちに変更だ」

と言う事で、急遽函館山スキー場と言うところへ。
事前に電話で聞くと、積雪50センチ(実際は10センチくらいでしたが)でキッズスクール(小学生以下のスキースクール)もあるという。

スキー場の積雪状態は最悪でしたが、子供が遊ぶ程度には丁度良い広さのスキー場。大雪だった昨シーズンから見ればありえない量の積雪なんでしょうねー。
お昼を食べるまでに、楽助に私がスキーをレクチャーしたのですが、なにぶん、スキーは10年ぶりになる私。「立てるか?!」「滑れるのか?!」と言う不安を抱えた状態ではなかなか良い指導なんて出来ずに、スキースクールへ楽助を託すことにしました。
このスキー場のスクールの良い点は、「親の同伴はいりません」と言うもの。他のスキー場もそうなのかもしれませんが、翌日行ったびわこバレイのレッスンは、一人でリフトに乗れない場合は親が付き添ってくださいと言われました。
レッスンに入っている限り、親は休めるのです!

1時間半のレッスンの成果はご覧の通り!

直滑降




1時間半で、滑れない・動けないの初心者がここまでなるのです!



結局5時までスキー場にいて、実家へ帰宅。
楽助と旦那はそのまま温泉へ。夜は親がかに鍋を用意してくれていて、こんな贅沢いいんだ!?と言う初日でした。

2日目。
明け方に一瞬強風があったものの、そとは冷たい雨。
今日はびわこバレイに行く予定で家を出たら、今日はゴンドラは動いている。しかも!
雪が降っているではないか!上に上がれば上がるほど、雪。
そして、函館山ではありえない量の人・ひと・ヒト!
ゴンドラのチケットを買うのに、10分並ぶ。
ゴンドラに乗るために、10分並ぶ。
板を借りるのに、10分並ぶ。
トイレに10分並ぶ。

もう、ヒトの量に疲れました・・・。
が、楽助は再びキッズスクールへ。今日は親が要同伴。
1時間半のスクールは函館山と同じだったのですが、リフトを積極的に使い、上手に滑れるようになりました。


スクール終了後。
2本ほど山頂から下まで滑ったのですが、旦那はボード、楽と楽助はスキー。2日続けてスクールに入った楽助。
自信も技も相当ついたんですけどね。









直滑降!















はや!











親、二人、全くついていけず・・・。
旦那は、5年ぶりのボードに全身雪だるまになるまで、転びまくりました。見た目、スノーマン。転んだ後ゲレンデには大きな穴があいておりました(超巨漢ですから)。

2時過ぎに下山し、知り合いのお店でおいしいお昼を頂き、3時に実家へ帰宅。夜ご飯を頂いてから、昨夜遅くに自宅に戻りました。

















で、今日。


楽と旦那。


















全身筋肉痛




















はい、動く度に体の節々が痛むんですよ。
旦那なんて、朝「布団から起き上がれないくらい、体が痛い」と言う。
楽は足に来ております。微妙に背筋も痛い?
スキーは10年ぶりだったし、ばりばりボーゲン状態だったので膝が笑う状態で滑ってましたし・・・。


楽しくスキーデビューが飾れた楽助。
次の日曜日は、楽の学生時代からの友人が4歳の女の子を連れて「一緒に連れて行って!」と言うお誘いで、函館山スキー場の方へ一緒に行く事になっております。2月中に1回、3月には出来れば2回、計3回ほどまたびわこバレイへ連れて行く予定にしています。ここまでうまくなったんですもの。続けてやればまた来年、楽しく滑れることでしょう。
当分、親の筋肉痛は続く気配ですが、一緒に行くのも後10~15年程度でしょう。これも親の役目だ!と旦那と二人、痛む足と背中をなでなでしながら、小さな幸せを感じております。

さて、週末は雪があるんでしょうか・・・?!















鬼わの仕事・・・?

楽の母は、ガーデニングのデザインから施工までを一括管理する仕事をしています。いわゆるガーデンデザイナーですわな。

主に滋賀県・湖西を中心に活動しているのですが、枚方市や吹田市にも施工させて頂いたお客様宅があります。

ホームページはこちら


これを踏まえて・・・。


とある節分前の夜。
楽助とお風呂に入っていました。
その時の会話。


楽 : 「なぁ、楽助ー。楽助は大きくなったら何になりたいのー?」

楽助 : 「えー?まだ決めてへん」

楽 : 「あ、そうなん?」

楽助 :「あ、でもお花屋さん」

楽 :「そうなん?!それやったら、ミッキー(楽母の事)喜ぶで」

楽助 :「なんで?」

楽 :「だってミッキーのお仕事お庭の仕事やもん、知ってる?」

楽助  :「知らない。ミッキーって鬼の仕事してるの?鬼はそと?福はうち?」














えっと・・・。
みっきーさんのお仕事は、おのお仕事でして、間違えても鬼の仕事ではございません(--)



母に伝えると、
「本にも載ってるねんから、しっかり見せておくように!」
との事でした。
って言うか、一度現場に連れてってやってください・・・。



世は三連休。
我が家も一家総出でスキーに行きます。
でも、旦那はスキーが出来ない・・・。(ボードのみ)
使えない夫である。
















えっと、

旦那にお茶を頼んだら

週明けの昨日。
滋賀でのご予約はなかったのですが、入れていた約束などがあり、お昼から滋賀入りしました。


朝かは、9時から11時半までフィットネス。
その後滋賀へ移動。
お昼は母とランチ。
13時半から、取り扱いしている化粧品の仕入れ。
14時半から情報推命学で見る今後のサロン・楽の経営についての相談。


移動距離も長かったのですが、タイムスケジュールが分刻みだったので気持的に疲れてしまいました。
帰宅後、一通り家事をこなして9時過ぎにリビングで20分ほど転寝・・・。これはいけない。



夜10時には先に寝る楽助の横で楽も寝ました。
夜中11時過ぎ。
喉が渇いたので起きると、作ってあったお茶が少なくなっていたので、旦那にお茶を沸かしておいてーと伝言して再び寝る。


数分後、旦那が寝室に飛んできて「お茶っぱどこ?!」と聞く。


寝ぼけながらも「冷庫の中にあるやろう?」と言うと「あ、わかった」と台所へ。














朝。








出来上がったお茶を飲んでみると、色が全然違う。どう見てもルイボスティーの綺麗な赤ではない。

でも、お茶の味がする。
でも、何これ?!





と旦那に聞くと


「え?冷庫の中のお茶っぱやないの?」と言う。

庫や!

ごそごそと冷蔵庫を探すと、お茶っぱらしき物を発見。






















ラベルには、「チャイ」














お茶はお茶やけど、紅茶やんけ!














やかんいっぱいに出来たチャイ(無加糖・無ミルク)。
飲めば飲むほど、利尿作用?!
どないしよう、これ・・・。




と言うわけで、旦那は有給消化。二人並んで作業します(当然、チャイを飲みながら)


脱・後厄!
32歳の前厄に入る1週間前にサロン・楽の機材を部屋に導入。
その後あっと言う間に前厄に突入。
その後「厄」と共にサロンを運営してきたようなこの丸3年の日々。

そういう意味では、昨日の節分は非常に区切りの日にもなりました。
今日から気持新たに1年が始まるのです!
嬉しい嬉しい。

前厄の31歳。
そういえば、サロンをオープンして3日後に左足首の靭帯損傷するほどの捻挫をしました。丸々2週間は技術が出来ませんでしたね。
と言うか、予約自体が一切なかったのも事実。
オープンして半年はお客様の体に触るために、営業営業とあれこれ翻弄していたように思います。

本厄の32歳。
4月早々に控えていた楽助の保育園の入園式(年少さんクラスになる時に儀式的に入園式を行う)には、インフルエンザと気管支炎を同時併発し、式典には列席できず・・・。楽母に行ってもらいましたよ。
秋口の定期検査の際、子宮がん検診で「卵巣が腫れている」といわれ、自費検査した乳がん検診で「光るもの」が見つかり、再検査で「水もたまってる」と言われ・・・。
体の変化に自分自身が一番ついていけなかった時期でもありました。
滋賀でのご予約もほぼ満杯状態になる日々が続き、一体自分が何を求めていて、どこへ行こうとしているのか?と言う気持が一番強かったかな?

後厄の33歳。
人の気持に振り回される1年でした。
体がどうとか、支払いがどうとか、そういう事も気にしながらも、自分の気持が揺らぐことが多く、その部分に一番労力がかかった様な・・・。



そして今日。
とうとう、女性2回目の厄年の3年が終りました。
振り返ってみたら結構辛い3年だったかもしれません。
サロンの立ち上げ・運営・技術向上・育児・旦那の長期出張。
数え上げればキリがありません。
それでも、天職がすでに自分の手にあり、この年齢で経営4年目を迎えることが出来ているのです。
感謝感謝。
そして、具体的な中・長期計画もそろそろ練り上げ完成期に来た感じもあります。本来であれば、昨日までに処理しておくべきことなのかもしれませんが、明日、情報推名学の先生に今後の相談に乗っていただいてきます。

辛い時期に、これだけがんばってこられたんだ。
今日から、「これだけ辛い事はこの3年に比べればたいしたことはない」と自分を応援するための材料にはなる。
1年1年を大切に積み重ねて行きたいと思います。





白雪姫並?

2月は毎年「生活発表会」たるものが、楽助の通う保育園であります。
例年、12月にページェント(クリスマス会ですな)があって2ヶ月も経過しないうちに生活発表会。
2ヶ月足らずで5歳児が跳躍的な成長をするとは思えないのですが、長年続く伝統行事なのでしょうか。
どちらにしても、両方とも土曜日開催・保育なし、と言うサロン・楽には非常にありがた迷惑な開催日なので、どちらか一つにしてもらっても良いものなのですが・・・。

で、毎年年中さんクラス(今年の楽助の学年ですな)では、歌あり・踊りありの、いわゆる劇をやる。
去年は、孫悟空。
当然と言うか、思いっきりダブルキャストで、当日「風邪」やら「インフルエンザ」やら「緊張で終始大泣き」やらで穴が空かないための策。

去年は孫悟空が3人もいた(猪八戒は4人だったかな?三蔵法師も5人くらいいたなー)。
例年、どの内容の物語をやるのかを先生から絵本で呼んでもらい、出てくるキャストを聞き、自分でどれをやりたいかを園児自身に決めさせているらしい。だから、孫悟空が3人なんて事態が起きるのだ。



今年。
そう、楽助の学年は・・・。
ピーターパン。

ベタやなぁ~。
まぁ、出てくるキャストはピーターパンにウェンディー、フック船長にワニ(最後に船長を食べる、あの)、忘れちゃいけないティンカーベル。1月中旬あたりで、どうやら配役決定があり、楽助はなんと!
















ピーターパンを選択。














おいおい、主役級(主役?)やないか・・・。
セリフも多いやろうし、大丈夫かぁ~?!
なんて思っていたら。

























7人のピーターパン。


















白雪姫に出てくる小人か?




でもって何故、こんな時間にブログの更新をしているかと言うと、
ピーターパンが着る衣装を作っていたからです。
布地の裁断は先生がやってくれていたのですが、どうやら洋裁が苦手な担任1。(担任No.3まで在籍)しっかり見返しを付けねばならない仕様になっていたのですが、つけてくれている合印が一切合ってない(--)合印の意味なし!
しかも「こんな感じにぬい合わせて着て下さいねー」と一瞬見せてもらっただけで帰宅。作っている最中「あれ?ここってどないやったかいなぁ~。」って言う部分が大量に出てきました。
テキトーにぬい合わせて、纏ってとしていたらなんと2時間が経過。
完全に夜なべです。




発表会は17日。
小人の数のピーターパンの出来は、2週間後に乞うご期待!







愛、はあるんだろうか?

旦那は12月が誕生日。
毎年、と言うかあまり「あれが欲しい」「これが欲しい」を言わない人。だからと言って欲しいものがない、と言うわけでもない。欲しいものがあっても口に出さないことの方が多い、と言う訳だ。

あれこれ細かいことを言わないのも同じ。何も感じていないのではなく、多くを語らないのだ。心の中では気づいている・感じている・分かっている事がある。これにだまされて(?)調子に乗っていると、大変な目に遭う、と思う。


で、誕生日プレゼント「別に何もいらないよー」
と言っている間に、クリスマスが来た。
「クリスマスねー」って言ってる間に、バレンタインが近づきつつある。11月に楽助の帽子はさくっと仕上がったのに、旦那用に編み始めたマフラーが一向に編み終わる気配が見えてこない。
当然か?!時間を捻出せずにあーだこーだ違う事をやっているんだから!お正月にたんまりと編んだのですが、それでも終らず、楽助のスイミングを見学している最中に編んでみたり。

それでも遅々と進まないのはなぜ?!


同じスイミングに通う保育園のママ友達が一言。



「愛があるねぇ~」















愛があったら仕上がってるはずなのよ!本当は!






愛、本当にあるんだろうか、私・・・。

こうして今日も「ま、いっか」とKAZUDASU.をやってしまう楽でした。すまない、旦那。(暖冬でよかったと真剣思う楽ですが、明日来る寒波にしたうちしそうになりましたよ)






Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。