ただいまサロン運営6年生・母親業9年目のばたばた日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンケート その1

以前、今年秋口に楽が所属していた高校バスケ部の創部50周年記念で、合同同窓会がある事はお話しました。(覚えていらっしゃいます?)

で、同窓会の実行委員に立候補した訳ではないのですが、あまりにも活動する先生やらの情報収集が不足気味で「何とかせにゃ、ならんなー」と思い、楽は記念品担当となりました。

よろしくー。


そんな話はさておき。

実は、その記念品候補に少々戸惑っております。
そこで、ブログに来られる方々に「こんなんええやん♪」と言うものがあればいくつでもいいので、ご提案いただきたい!
是非ともお力添えをお願いいたします。


条件は下記の通りです。


①年代は下は16歳~上は推定68歳
 下はぴちぴち現役・平成生まれの学生さん。女子高ですから、女オンリー。しかもセーラー服なんです(はい、じゅうくさんよだれ出さない!)
推定68歳と言うのは、在部した年齢にただ単純に創部年数の50を加えただけ。この「年齢の幅」が選ぶ記念品に迷いを与えているんです。

②どの世代が頂いても喜ばれるもの。

激難。


③もらって困らないもの・「○○バスケットボール部 創部50周年記念品」など、ロゴを入れられるもの


④消耗品でないこと

記念品が捨てられては困ります。




今の所、あがっている記念品は、


1.ロゴ入りフェイスタオル(チームカラーでそろえる?モスグリーン基調に、白文字印字?!趣味悪!)

2.フォトフレーム (縦?横?)

3.トートバック (50周年記念品が薄っぃ布製ってのもいかがなもの?)


あまり良いものがありません。
若い世代からは、「鏡がいいー」とか言ったりするのですが、楽は鏡なんて持ち歩いてないし(いけません?!)。大体トイレに行けば鏡はあるし。基本的に車移動だから、ルームミラーがあれば困らない。手荷物は極力少なくしたいし・・・。


「こんなのはー?」って言うのがあれば、是非!よろしくお願いします。

一人1個とは言わず、10個でも15個でも思い当たるものがあればバンバンコメント下さい!お待ちしております。

スポンサーサイト

創部50周年

楽が通っていた高校。
所属していたバスケ部。
今の仕事を選ぶ原点は、バスケ部のマネージャーにあります。
そういう意味でも、バスケ部の同級生ともちょくちょく会ってまして・・・。実は今日も、プチ同窓会状態。大人5人、子供4人が一部屋に集合。結構誰かのうちに、メンツは変わるもののあっているんですよ。割と卒業しても、就職しても、結婚しても、子供が生まれても、仕事をしていても集合癖はありますねぇ~。

今日集まることは、少し前に決まっていたのですが、それより後に連絡があったのが、この創部50周年を祝う全学年合同同窓会を開催する、と言うもの。
現顧問が中心となり、各学年に連絡をしたようです。
現顧問は、ここ15~20年くらいしか顧問をしていない(普通なら長い?!)ので、それ以上の学年の方には現在同短大で指導をしている元顧問にお願いしたんだろうか・・・?

それでも、各学年に担当を作っても50人?!
楽の代で部員20名(下が12名、もう一つ下が20名なので、一時50名近い部員をまとめていた時があるぞ)なのでそれ以上多いのか?!
来月第2日曜日に、思い出が沢山詰まっている高校の体育館に集合する事になっています。
まずは、秋口に開催予定している合同同窓会のための準備会。「手伝ってくれる人は集合」といわれたのですが、不思議と楽の代の友人達はやる気があるのかないのか、不明にも関わらず「上から来い」といわれると「出ねばならない」と思うのか、今日集まったみんな全員行く!と言う返事でした。

中にはどーーーーーー見てもやる気があるには思えない子もいるぞ。
しかも、朝10時集合。
「朝早すぎよねー」と言う。
確かに、朝10時に体育館なら、朝9時には家を出ねばならない。
「11時でいいっか?!」


頭っから、遅れる予定かいな!
まぁ、お昼過ぎには解散になるだろうから、その時間くらいで丁度いいのかも。楽も唯一時間制限なしに眠れる日曜日。朝8時には起きねばならないのは少々きつい・・・。
うーむ。でも、上から言われたら行かないわけには行かない。






卒業して16年経過した今でも、上が「走れ」といえば走るだろうな、私。


やっぱり抜けないのか?!体育会系思考。


さて、一体どんな同窓会になるんでしょうねー。
楽しみです。



Copyright © リンパサロン・楽(RAKU)の経営・育児日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。